ライフスタイル

Make a good Life! vol.2 | アドレスホッパーとして夫婦で世界をかけめぐる!目指せ熱気球チャンピオン(藤田雄大さん・華菜子さん)

目次

理想の暮らしとはどういうものでしょうか? その答えは、あなたが何に価値を見いだすかによって異なります。暮らしの多様性に着目し、一歩先のライフスタイルをさぐる企画「Make a good Life!」
自由な発想で自分らしいライフスタイルを実現する人たちを取材し、新しい価値観と選択肢をご紹介します。

第2回は藤田雄大さん・華菜子さんご夫妻の「アドレスホッパー」という暮らしです。

アドレスホッパーとは、どこか1ヶ所に家を持つことをせずに、国内や海外を移動しながら生活する人々のこと。複数の拠点を持ったり、ホテルやアパートに宿泊したり、ときには車中泊をしたりすることもあります。「アドレスホッパー」という言葉の生みの親である市橋正太郎氏が提唱するのは、家を手放し複数拠点を移動する自由な暮らしです。
インターネットやライフラインが発展したことで、宿泊先や移動手段を見つけやすくなり、仕事もリモートワークで完結できる業種が増えてきました。ますますアドレスホッパーという暮らしの敷居が低くなりつつあります。

15年以上、熱気球のパイロットをしている雄大さんは、華菜子さんと共に日本のみならず世界中を旅しながら暮らしています。熱気球競技は19世紀初頭から始まったスカイスポーツの1つで、現在も国内外でさまざまな大会が開催されています。2014年の世界チャンピオンになって以来、藤田ご夫妻の目標は再び世界大会で優勝すること。「車中泊」「ビジネスホテル」「アパート」の3種類を使い分けるアドレスホッパーとして生活しながら、熱気球の世界選手権に挑み続けます。夢を追いかける藤田ご夫妻に、アドレスホッパーの魅力を語っていただきました。

1.アドレスホッパーになったきっかけは、背中を押してくれるパートナーとの出会い

熱気球世界選手権雄大さんは2014年に開催された熱気球世界選手権で優勝し、日本人初の世界チャンピオンになりました。その後は日本よりも熱気球競技が盛んな海外、特にヨーロッパの選手たちが台頭してきます。チャンピオンになった後、なかなか結果を出せないことに雄大さんは焦りや悔しさを感じたそうです。

2018年、華菜子さんとの結婚を機に個人事業主となり、“熱気球の夢”を追いかける決意を固めました。雄大さんが抱く夢は、熱気球世界選手権で再び優勝するというもの。

雄大さん:僕の背中を押ししてくれたのは、妻です。妻がいなかったら、今の僕はありません

夫婦で熱気球大会に挑戦「熱気球はチームプレイです」と話す雄大さん。華菜子さんのサポートが大きな力になっています。

藤田ご夫妻は、アドレスホッパーという暮らしを最初からイメージしていたわけではありません。
日本では、佐賀県や栃木県南部に熱気球の練習地がありますが、海外の選手に比べると圧倒的に練習量が少ないのが現状です。

海外で開催される世界選手権に参加したり、ライドと呼ばれる熱気球体験や観光の仕事をするには、1年の3分の1を海外で過ごす必要があります。熱気球中心のライフスタイルを叶えていくうちに、アドレスホッパーという生き方を選びました。
浮上する熱気球

雄大さん:“ライド”は、熱気球にお客さんを乗せて飛ぶ仕事です。熱気球の腕を磨くためには練習を重ねることが大事なので、そういった意味も込めて海外でライドをしています

熱気球の魅力は開放感と爽快感

熱気球に乗り込む夫婦パイロットへ風の情報を送ったり、着陸後の回収を手伝ったりする地上クルーとして雄大さんをサポートするのは、華菜子さんです。華菜子さんは2019年に熱気球のパイロットライセンスを取得しています。
飛び立つ熱気球の中でポーズ

華菜子さん:熱気球に乗って眼下に町並みを見ると、人や車、建物は豆粒ほどの大きさしかありません。それを見ていると、自分が抱えていた悩みはちっぽけだったと悟ります。気球には視界を遮るものがあまりないので空と一体になる感覚が持てる、他の乗り物にはない開放感があります

熱気球とスペインの雲の海

雄大さん:風と一緒に動いているから上空はとても静かです。雲の上に行ったり、そこから雲の下に行ったりすると気持ちがいい…爽快感がたまりません

アドレスホッパーの魅力は、旅先で出会う気球仲間との触れ合い

熱気球とイギリスの空藤田ご夫妻が海外に滞在する期間は、1回の渡航につき2週間~4ヶ月程度です。アドレスホッパーを続けるうえで、楽しみの1つになっているのが、旅先での出会い。一期一会の思い出を大切に語ってくださるご夫妻からは、見知らぬ土地での暮らしを全力で楽しむ様子が伝わってきました。

雄大さん:熱気球の大会で知り合う仲間は、フレンドリーで気のいい人たちばかりです。『うちに遊びにおいでよ!』と誘われることも少なくありません。イギリスに行ったときは、一緒にキャンプをしました

2.「車中泊」「ビジネスホテル」「アパート」の3種類を使い分けるアドレスホッパースタイル

熱気球から見るスペインの街

雄大さん:僕たちのアドレスホッパースタイルには、3種類あります。国内の大会に参加する際は、会場近くのビジネスホテルに泊まります。海外でライドの仕事をする際はアパートを借りたり、ライドを行う会社の寮で生活したり。車中泊をすることもあります

車中泊での心温まる出会いやホテル、寮生活での貴重な体験を語ってくれました。

旅先で出会う人のぬくもりや宿泊先での経験は、何にものにも代えがたい思い出

旅先でバンライフ藤田ご夫妻が、車中泊で使用しているのはハイエースです。後ろの座席を倒して、ベッド代わりに使います。
海外滞在時には、ハイエースは気球仲間の友人が経営しているゲストハウスに置かせてもらっていることが多いそうです。
車中泊仕様のハイエース車中泊で利用したスポットでは、車(バン)を生活の中心に取り入れてあちこちを移動しながら暮らす「バンライフ」を送る人たちとの心温まる出会いがありました。

華菜子さん:アドレスホッパーを始めたばかりの頃、リタイア後のご夫婦に出会いました。そのご夫婦が所有するバンの中を見学しながら、バッテリーの配置についていろいろと教えてもらいました。また親切にも、手づくりのおにぎりを分けていただいたりもしました。あのおにぎりの味は、忘れられませんね
雄大さん:栃木ナンバーのハイエースを運転していた頃、同じ栃木ナンバーのハイエースに乗っている方たちから声をかけられました。同郷だったことから意気投合して、翌朝のミーティングにも参加しました。温かい雰囲気のなか、好きなことを話して盛り上がり、楽しかったです

リーズナブルかつこだわりが詰まったモロッコのホテル

モロッコのホテル海外の宿泊で印象に残っているのは、気球仲間からすすめられたモロッコのホテルだそうです。異国の雰囲気が漂う室内には、モロッコの民芸品が数多く飾られています。
モロッコのホテルのベッドルーム

華菜子さん:広い部屋が2部屋あって、それぞれに豪華なバスルームが付いています。朝・夕の食事代と宿泊代を合わせても日本円にして約6,000円という、リーズナブルな値段に驚きました

カンボジアでの寮生活

カンボジアでお世話になった家カンボジアでは、ライドを行う会社が借りた寮で生活していたとのこと。気球仲間11人が7部屋に分かれて暮らす、共同生活です。
カンボジアの家で餃子作り

華菜子さん:寮には現地のハウスキーパーさんがいます。仲間たちと共に、手づくりの皮に餃子の餡を包みました。もちもちした食感で食べ応えがあり、本当においしかったです
雄大さん:寮の仲間と一緒に市場へ買い出しに行きました。人がひしめき合う市場の様子は、見慣れない光景でした。豚の頭がそのまま机に置いてあるのを見たときは、驚きで声を上げそうになりました

3.アドレスホッパーが自由に移動できるのは、荷物も生活コストも身軽だから

熱気球とスペインの空藤田ご夫妻は、国内だけでなく海外の熱気球大会にも参加しています。国内では4月から11月にかけて全国各地で行われる「熱気球ホンダグランプリ」や日本選手権、海外では2年に1回行われる「世界選手権」などがあります。

これまで、スペインやカンボジアでライドの仕事に従事してきた藤田ご夫妻。今後は、ミャンマーやアフリカなどでも活動したいと考えているそうです。
少ない荷物で旅をする夫婦移動の多い生活を送る2人は、必要最低限の荷物しか持たないようにしています。2~3ヶ月、海外に滞在する際も、スーツケースとバックパックのみで出かけるとのことです。
車に積んだ荷物

雄大さん:気球関係の荷物は、コンパクトに折りたためるものばかりです。車中泊をすることもあるので、ハイエースの荷台にすっぽり納められるようにしています

食事は自炊がメイン

バンライフ中の食事アドレスホッパーという移動の多い生活ですが、食事は主に自炊しているという藤田ご夫妻。2人とも料理上手で、車中泊ではキャンプ用コンロを使って料理を楽しんでいるようです。

雄大さん:印象に残っているのは、車中泊をしたときに大自然の中で食べたカレーです。なんてことのない普通のカレーも、これ以上ないくらいおいしく感じました

愛用のトランギアアドレスホッパーをする際に持っていると便利なアイテムとして、キャンプ用コンロとtrangia(トランギア)のストームクッカーを紹介してくれました。藤田ご夫妻が愛用しているストームクッカーは、数種類のサイズの鍋がセットになっているタイプ。重ねるとコンパクトにまとまるところが気に入っているそうです。

アドレスホッパーでかかる費用は、場所によって大きく変わる

宿泊先を決める際は、コストを最優先にしています。

華菜子さん:1回の滞在にかかる費用は、まちまちです。滞在する場所によって、その都度、変化するからです。例えば、国内でビジネスホテルに滞在する場合、私たち夫婦とクルー3人で1週間泊まって5万円程度でしょうか。リーズナブルなところを探しています

アドレスホッパーで苦労したのは、住所をどこに置くかという点

アドレスホッパーを続ける際、藤田ご夫妻を悩ませたのは住所に関する問題でした。最初はアパートを借りていましたが、不在の期間が長いため、借り続けることに疑問を抱くように。それでも納税などさまざまな手続きには住所があったほうが便利なので、最終的に華菜子さんの実家に住所を置くことに決めました。

華菜子さん:手続き関係で大変な思いをすることはあります。例えば、個人事業主や納税などの届けです。両親が健在なので、代理が可能なものはお願いするときもあります。最近はオンライン申請を利用するなど、効率よく進められるよう工夫しています
華菜子さん:アドレスホッパーという暮らし方が好きなので、今の環境を幸せに感じています。また、普通の生活なら当たり前にあるものがない状況を経験して、改めてその価値に気がつくこともあります。実家に帰ったときに、家があることのありがたさを身に染みて感じるようになりました

4.思いきってアドレスホッパーをやってみたら、楽しいことばかりだった

熱気球を片付ける夫婦雄大さんは会社員時代、アドレスホッパーをやってみたいとの気持ちを抱きながらも、踏み出せずにいたそうです。しかし、いざアドレスホッパーを始めてみると、悩んでいた時期が嘘のように物事がトントン拍子に進んだとのこと。もっと早く始めればよかったと、後悔すら感じると話します。

雄大さん:実現したい思いがあるなら、ぜひ、実行に移してほしいです。一歩踏み出すことで生まれる効果は大きいということを、僕自身が実感していますから
華菜子さん:近年、アドレスホッパーをしやすい環境が整ってきていると感じます。先日は、某ホテルで1年間泊まり放題というプランを見かけました。思いきってアドレスホッパーになっても大丈夫な時代なのではないでしょうか

今後は、アドレスホッパーに磨きをかけていきたい

熱気球とサウジアラビア藤田ご夫妻は、アドレスホッパーというスタイルを「自分たちがやりたいと思う間は、続けよう」と決めています。今のライフスタイルに磨きをかけるために、キャンピングカーをもう1台購入することを夢見ているそうです。

雄大さん:新しいキャンピングカーを購入したら、1台目のキャンピングカーは荷物を運ぶ用、もう1台は自分たちが宿泊する用として使いたいです

アドレスホッパーに磨きをかけるため、洋服選びにもこだわりたいと考えておられます。

華菜子さん:『これ着たいな』と思って持っていった洋服を汚れるからと、着れなかったことがありました。なので、今後服を選ぶときは、今のライフスタイルに合わせて躊躇せずに着られる服を選ぶようにしたいです

5. 夫婦で手をとり、アドレスホッパーとして挑戦し続ける

デザインしたオリジナルTシャツ世界大会へ向けてデザインした、お揃いのTシャツを着用する藤田ご夫妻。挑戦を重ねる藤田ご夫妻の勇気と、お互いを思いやる姿勢に感服しました。

「アドレスホッパーをやってみたら楽しくて……」と雄大さんは笑います。また、今の環境を「幸せ」と表現する華菜子さんからも、自由なライフスタイルを謳歌しているのがよく分かります。

雄大さんは、アドレスホッパーとして暮らす決意を固めるまでに時間を要したことに関して、「今の生活を手放すには大きな決意が必要」と話していました。
安定した生活を送る中で、暮らし方を変えるのは大いなる冒険です。しかし、夢をかなえるために選んだ道は、大変さ以上にやりがいや面白さも感じられるはず。2人で支え合いながらアドレスホッパーという暮らしを楽しむ藤田ご夫妻の姿勢から、自分の心に従ってライフスタイルを選ぶことの大事さを実感しました。

■プロフィール
・藤田雄大さん、藤田華菜子さん
・Instagram:@pukapuka.azure
・アドレスホッパー2年目
・熱気球のパイロット