ライフスタイル

【こだわりの部屋づくりvol.17:後編】憧れの海外ブランドは、ネットで賢く取り入れる(桃花さん)

目次

前編では桃花さんの部屋のコンセプトや収納についてご紹介しました。後編では、桃花さんの部屋づくりの過程や家具の選び方、ライフスタイルについてご紹介します。以前住んでいたところより広い部屋に引越しをしたので、桃花さんの部屋づくりは広さに合わせて家具を購入することからスタートしました。

【白水桃花さん】
年齢:20代前半 仕事:クリエイター
「今の部屋には昨年の10月頃から住み始めました。18歳から大学に通うために一人暮らしを始めて、今の部屋で3回目の引越しです」

【住んでいる物件】
桃花さんが住んでいるのは、東京23区内の落ち着いた雰囲気の街にある1K(10畳)の部屋です。この部屋を選んだポイントは、ウッディな床だそうです。

「立地的にも都心からアクセスがよく、駅前に大きな商店街があって必要なものは一通りそこで揃うことがお気に入りのポイントです。いろいろなお店が駅と家の導線上にあるので、とても便利で重宝していますね。防犯面でも、人通りが多いため帰りが遅くなっても安心できます。魚屋さんや八百屋さんといった昔ながらのお店もあって、どこかホッとできる雰囲気です」

1.部屋づくりの過程

桃花さんが1つ前に住んでいた部屋の広さは8畳でした。オシャレな部屋でしたが、収納や機能性が全くなくてとても苦労したそうです。

キッチン下の収納が丸見えだったり、洋服をしまうスペースすらなかったりしました。仕方ないので、新しく棚を買い足したりして…それであまりくつろげなくなってしまいました。結局、1年も住まずにすぐに引越しを決めました。この経験があったから『オシャレなだけではなく、きちんと人が住むことを考えてつくられている部屋に住みたい』と考えるようになりました

桃花さんの家具を選ぶポイントは、色です。

ベースカラーを決めて、差し色を選ぶ。多くてもだいたい3色くらいに抑えるのがベストだと思いますね

部屋づくりの過程1:部屋の広さに合わせて、家具を購入

①デスク・ドレッサー
デスク兼ドレッサー

この部屋で最初に買い足したのは、デスク兼ドレッサーです。シンプルで奥行きが広く、鏡なども付いていないのがポイントです

②ローテーブル、ソファ
ローテーブルとソファ

前の部屋よりスペースが広くなったので、ローテーブルとソファをセットで置けるようになりました。ソファは座面も広くて、来客があったときも十分に対応できる大きさです

2.チラシや本もインテリアの一部。自分デザインの部屋づくり

ベッドサイド

ディフューザー
ディフューザーにはお気に入りの香り、ホワイトティーを。ここに置かれているライトもIKEAで購入した物です。

IKEAは白のアイテムが充実しているので、本当に助かっています。デザインもシンプル過ぎず可愛らしさがあり、値段もそこまで高くないです。白をベースに部屋づくりをする際には、ぜひのぞいてみてほしいお店です

インテリアの一部に利用した本
本はジャケット買いをしてインテリアの一部にしています。
桃花が描いた絵
イラストは桃花さんご自身で描かれた物です。桃花さんの公式Webサイトでは、さまざまなイラストがデザインされたグッズの販売もされています。

壁面

バンドのミニポスター
お気に入りのバンドのミニポスターも、壁に飾ればオシャレなインテリアの一部になります。

玄関まわり

玄関まわり
玄関まわりも、お気に入りのポストカードで可愛くしています。

好きなイラストレーターさんの作品と、自分の作品も飾っています

3.趣味や休日の過ごし方〜フリーランスならではのライフスタイル〜

フリーランスなので、休日は意識してしっかりとっています。自分ですべてのスケジュール管理をしているので、オンオフはきっちり分けています。だらだらと仕事をするより、今日は休むぞ!と決めたら、とことん休む。反対に仕事するぞ!と決めたら、一日中作業していることが多いです

仕事で使用するPC
基本的に家で仕事をするので、家の心地よさはとても重視しています。

いつでも自分がそこにいて心地よく仕事ができたり、リラックスできたりする空間を保ちたいですね

お掃除ロボット
自分の時間を効率よくつくるには欠かせないお掃除ロボット。障害物の少ないすっきりとした床面とも高相性。

インドアとアウトドアも同じで、とことん家にいるぞ!と決めたら、ずっと家にいて、外出する時は一日中外にいます。最近は運動もしたいと思って、ジムに通い始めました。インドアもアウトドアもやる時は思いっきりやって、全部をバランスよく楽しめる生活が理想ですね

BOSEのワイヤレススピーカー
音楽を聴くときはBOSEのワイヤレススピーカーを愛用。
ゲーム機

ゲームも昔から大好きなので、一日中家にいることも少なくありません。ネットを活用して、遠くに住んでいる友達とも対戦を楽しんでいます

仕事

仕事の様子
今はビジュアル関係全般の仕事が多い桃花さん。アーティスト写真や商品の写真を撮影したり、名刺や印刷物のデザインをしたり、幅広く活動されています。

写真はもともと趣味でやっていたのが好評で、仕事にするようになりました
自分のWebサイトでは自分がデザインした雑貨やアクセサリーの販売もしています。ずっと好きだったことばかりなので、毎日がとても充実していますね

4.これから部屋づくりを始めたい方へ

気に入ったものがあれば、多くのインテリアはネットで購入するという桃花さん。ネットを活用するメリットについて話してくれました。

実店舗で理想の物が見つからないときは、ぜひネットも大いに活用してみてください。個性的なデザインの物に出合えたり、海外の物を安く入手できたり、重い物を運ぶ手間もなかったり…。ネットの買い物は難しく見られがちですが、それを補ってあまりあるメリットがたくさんあると思います。車を持ってない、私のような若い女性にこそ、おすすめしたいです
女性だと組み立て式のインテリアは大変だという意見も聞きますが、私は家具などの組み立ては大好きです。細かい作業を楽しめる人間なので、そこも大きいですね。同じように組み立てが好きとか得意な人には、ぜひネットで購入して自分で組み立てる過程も楽しんでほしいです

※白水桃花さんのインスタグラム

アカウント名:qolnm

インスタグラムの写真のコツは、やはり自然光のもとで撮ることです。あとは、適度に余白をつくって、見る人に丁寧な暮らしを感じてもらえるようなアカウントづくりを心がけています
インスタグラムは加工の種類もたくさんありますが、なるべく同じような加工に統一することで全体の一体感が出るようにしています。あとは、全体を引いて見たときに全部の写真を並べても違和感がないように、うるさくなり過ぎないようにこだわっています

お気に入りの1枚は、5月4日の物です。
お気に入りの1枚
桃花さんのInstagramを見る