ライフスタイル

あの人の偏愛部屋 vol.6|ガレージを秘密基地にセルフリノベーション!ガレージ愛が過ぎる部屋(GarageDDさん)

目次

なにかに夢中になっている人は魅力的です。たとえそれがいき過ぎた愛だとしても。
抑えきれない愛を詰め込んだ部屋にお邪魔して、その人のこだわりのライフスタイルを探る企画「あの人の偏愛部屋」

第6回はGarageDDさんの「ガレージ愛が過ぎる部屋」です。
「ガレージ愛」と聞いて、工具が壁に吊り下げられているような部屋を想像していましたが、実際のガレージを見ると、そのイメージは見事に覆されました。梁がむき出しの高い天井や板が打ち付けられた壁が、秘密基地らしさを醸しだします。ヴィンテージ感のある手づくり家具が並べられた室内は、カフェのような居心地のよさ。バイクのブレーキディスクを利用したシャンデリアや、バイクのサスペンションを取り付けたドアノブなど、GarageDDさんの個性が光ります。

セルフリノベーションは「コストパフォーマンス重視!」と話すGarageDDさんのガレージ愛を探っていきましょう。

1.きっかけは、友人から譲ってもらったバイク

GarageDDさんのバイクもとは酒屋だったというこちらのガレージ。GarageDDさんが幼少期に遊んだ、なじみ深い場所です。子どもの頃に抱いた「自分だけの秘密基地」への憧れを、ガレージに投影しています。

ガレージづくりのきっかけは、友人から真新しいバイクを譲り受けたことです。ガレージには古くて汚いものがたくさんありましたので、バイクを置いたときにちぐはぐな印象になってしまいます。バイクが映えるように片付け、インテリアにこだわっていきました

DIYは未経験だったと話すGarageDDさん。しかし、もともとインテリアに興味があり、手を動かす作業が好きだったことも高じて、知識と技術の習得が早かったそうです。ガレージづくりを始めてからわずか2年で、ほぼ現在の形にまで仕上げました。

ガレージの魅力は、自分の好きに使える空間があるということ

ガレージのソファガレージにある冷蔵庫やテーブルなどは、GarageDDさんの手づくりです。ガレージ内で作業することがあるため、床はコンクリートのままにしているのだそう。

セルフリノベーションでいろいろなものをつくるので、床はあえて何もしていません。多少の汚れは目立たないため、気兼ねなく作業ができます
ガレージのように自分の好きなことができる空間があると、生活が楽しくなります

2.コンセプトは「イギリスの老舗カフェ」

カフェコンセプトのガレージカフェめぐりが好きなGarageDDさん。お気に入りのカフェに足を運んでも、座る席がないほど混んでいることがあり、残念に感じていたそうです。

プライベートカフェをつくろうと思い立ちました。天井の梁が気に入っていたので、それを生かしたいと考えていたところ、たまたま目にしたのがイギリスの老舗カフェの写真でした。ガレージを“イギリスの老舗カフェ風”にしようと決めた瞬間です

セルフリノベーション

①商品棚でつくった仕切り
商品棚で作った仕切りガレージ内は、物置スペースとリビング・ダイニングの2つに分かれています。仕切りに使われているのは商品棚。舞台セットを作成する海外のドキュメンタリー映像を見ながら、まねしてつくったそうです。

レンガに見えるのは、スタイロフォーム(断熱材)です。はんだごてで溶かして溝をつくり、レンガ風に見せています

②カラーボックスを利用したバーカウンター
DIYしたバーカウンターDIY前のバーカウンターカラーボックス2つを左右に置いて脚の代わりとし、天板をのせてつくったバーカウンター。カラーボックスを使ったDIYとは思えない、本物のバーカウンターのような仕上がりに驚きました。

③天板にアイアンの脚を付けたテーブル
DIYをしたテーブルアイアン素材のテーブルの脚を購入し、DIYした天板を取り付けています。

天板は2×10材を3枚並べて、ダボ継ぎをしました。裏は野地板で補強して、ブライワックスを塗って仕上げてます
大きいテーブルを1つ置くよりも、小さめのテーブルを2つ置くほうがレイアウトの自由が利いて使いやすいです

④酒屋のパレットでつくったキャスター付きローテーブル
DIYしたテーブルとソファ

汚れていたパレットに塗装して、2段重ねのパレットテーブルをつくりました。横に見える酒屋のステンシルは、あえて残して味を出しています

テーブルの下に取り付けたキャスターも、パレットのヴィンテージ感に合わせて錆び塗装を施すこだわりようです。

⑤リメイク冷蔵庫
リメイクした冷蔵庫

15年くらい放置されていた業務用冷蔵庫をきれいに掃除してから使っています。周囲に木を貼り付けて塗装することで、ガレージに合う雰囲気につくり変えました

⑥洗面器を利用した流し台
洗面台を利用した流し

ホームセンターで売っている洗面器に穴をあけて、洗面台にしました。外にあった立水栓からガレージの中まで水を引いています

「イギリスの老舗カフェ」をうたうなら、お酒や飲み物が必要です。ガレージに人が集まったり、1人でくつろいだりするのにも欠かせません。食器が洗えるコンパクトな洗面台は、カフェのイメージにピッタリです。

自由にレイアウトを変えられる部屋

パーティー使用にセットしたテーブルGarageDDさんがDIYした家具は、いずれもキャスター付き。1人でくつろぐときと友人が遊びに来るときで、レイアウトを変えられる仕掛けです。レイアウトを変更する際は、人がスムーズに動ける動線の確保に力を注いでいます。

パーティで人が集まるときは、2つあるテーブルをつなげて1つの大きなテーブルにしています

コストパフォーマンス重視のセルフリノベーション

DIYしたシャンデリアセルフリノベーションをする際、GarageDDさんはコストパフォーマンスを最も重視しました。
例えば、天井に吊るされたシャンデリアは、バイクのブレーキディスクと100円ショップで購入した仏壇用のろうそくという意外な組み合わせ。

実際は安くつくれる物でも、『高そうだな……』と思ってもらえるのがうれしくてやっています

3.お気に入りは、入り口のドアと電話ボックス型冷蔵庫

お気に入りのDIY

〈入り口のドア〉
ガレージ入り口もとは酒屋の倉庫だったため、入り口は無骨なシャッターでした。GarageDDさんが「苦労してつくったんです」と自慢してくれたのは、オシャレなエメラルドグリーンのドア。取っ手にバイクのサスペンションを利用したところにGarageDDさんらしさが表れています。

建物自体がゆがんでいるので、同じ寸法でつくってもうまく合わなかったところが難しかったです

手作りのドアノブ

シャッターのままだと、冬が寒くてつらいです。ドアにした今は、快適に過ごせるのはもちろん、カフェっぽい雰囲気も増しました

ドアが完成した今は、カフェ風のオシャレな外観がお気に入りだそうです。カフェと間違えられることも多いらしく、なんと取材中にも営業中のカフェだと思って訪れた方がいて驚かされました。

〈電話ボックス型冷蔵庫〉
電話ボックス型冷蔵庫電話ボックスに見えるのは、実は冷蔵庫。ユニークなデザインがひときわ目を引きます。
GarageDDさんは、倉庫に眠っていた古い冷蔵庫を見た瞬間から、電話ボックス型の冷蔵庫につくり変えようと決めていました。ロンドンの電話ボックスをまねて、ガラス部分には赤い木枠を付けて格子状に。丸みのある屋根は業務用発泡スチロールと段ボールで再現しています。
電話ボックス型冷蔵庫とバイク“TELEPHONE”の文字がある場所は、リメイク前からもともと光る構造だったそう。光る部分を生かしたいと考えたときに思いついたのが、現在の電話ボックス型だったと言います。

家具は黒か茶色で統一し、ヴィンテージ感のある物を選ぶ

バーカウンター

ソファや椅子は、すべて黒か茶色を選んで購入しています。現代的すぎるデザインは、このガレージに合わないので選びません。ヴィンテージ感のある、使い古した雰囲気の家具がイメージに合うと思います

新しい椅子はサンダーで磨いて傷をつける徹底ぶり。GarageDDさんの細部へのこだわりに、頭が下がります。

今後はロフトをつくりたい

ロフトづくりを考えているGarageDDさん。物置スペースをロフトにすることで、リビング・ダイニングを広く使う計画です。

今、塗装は室内でしますが、木を切る作業は外でやっています。室内でもセルフリノベーションの作業ができるスペースが欲しいです

4.人が集まるガレージは、大切なコミュニケーションツール

GarageDDさんは、ガレージをつくってから人とのつながりが生まれたとうれしそうに話します。SNSを通してガレージの存在を知った人たちが、全国から足を運んでくれることもあるそうです。
ガレージの壁にある手づくりの棚には、フォロワーさんから贈られたハンドメイドの品がきれいに並べられています。
ガレージの棚

『この棚に飾ってください』と指定されて品物が送られてくることもあります。どれも思い出深い品ばかり。こういった交流があるからこそ、ガレージづくりもがんばれます

仲間が集まる場所

DIYしたガレージバイクが好きなGarageDDさんには、ツーリング仲間がいます。休日には、仲間と連れ立ってバイクで遠出することもあるそうです。ツーリングスケジュールの打ち合わせはもちろん、GarageDDさんのガレージで行います。

ツーリングから帰ってきて、このガレージでしばらくくつろいでから帰宅する友人もいます

〈プチ同窓会の開催〉

近所に住む同級生もこのガレージによく訪れます。最近は、同窓会をここで開催しています

気心の知れた友人ならばいつでも、素敵なインテリアに囲まれてお茶やお酒が飲めるGarageDDさんのガレージ。同窓会の会場に選ばれるのも納得です。

コミュニケーションツールとしてのガレージ

ガレージで同窓会ガレージは自分の部屋であると同時に、コミュニケーションツールでもあると話すGarageDDさん。ガレージを通してさまざまな出会いを経験できることが幸せだと、優しい笑顔を見せます。

〈マルシェの開催〉

ハンドメイド作家を集めてマルシェを開催することもあります。
DIYしたカウンター

マルシェでレジカウンターが必要になったので、急遽つくりました。裏は棚です
来てくれた人が誰かに『あそこ、良かったよ』と話すことで、また別の人がガレージに興味を持ってくれます。ガレージをここまでつくり込めたのも、そんな人とのつながりがあったからだと思います

■プロフィール
GarageDDさん
Instagram:@GarageDD
自営業
京都府京都市
ファミリー