ライフスタイル

あの人の偏愛部屋 vol.1|すべての空間に壁紙を取り入れた壁紙愛が過ぎる部屋(日下部さん)

目次

なにかに夢中になっている人は魅力的です。たとえそれがいきすぎた愛だとしても。
抑えきれない愛を詰め込んだ部屋にお邪魔して、その人のこだわりのライフスタイルを探る企画「あの人の偏愛部屋」。

第1回はフェイクグリーン専門店「いなざうるす屋」オーナー日下部さんの「壁紙愛が過ぎる部屋」です。

玄関から廊下、階段、トイレ、洗面所やリビング、寝室に至るまですべての空間に壁紙を貼るほどの偏愛ぶり。壁紙のコンセプトは「アニマル、ボタニカル、自然素材(木・ラタン)」です。いずれもリアルなフェイク柄という共通点もあります。壁紙同士だけでなく、床や家具との相性を考慮しながら少しずつ壁紙を貼っていくのが、日下部さん流。変化し続ける内装に、壁紙の施工をしている職人さんが「サグラダ・ファミリア」に例えたこともあるのだとか。日下部さんは壁紙を変えていくたびに、大嫌いだった家がどんどん好きになっていったそう。壁紙への愛を存分に語っていただきました。

1.きっかけは、パイナップルと猿の壁紙との出会い

2010年に3階建ての建売住宅を購入した日下部さん。もともと床も壁も天井も全部が白い家で、住んでいくうちに白い床や壁紙の汚れが気になり始めました。
掃除が苦手な日下部さんにとって、白い家を綺麗に保つのは難しかったそうです。
特に玄関の壁、たたきの汚れを思い浮かべるだけで、「家に帰りたくない」と感じることもあったのだとか。洗面所や水回りの壁紙が汚れているという理由で友達も呼びたくない……。そんな家をどうにかしたくて、リノベーションも検討しました。
リノベーション会社に依頼するつもりでお金を貯め、関連本なども読みながら、どんな家にしようか思い描いていました。思い悩んだ末に、勇気を出して「まず何かを変えてみよう」と思い立ちました。
お猿柄の壁紙
家を生まれ変わらせる、雰囲気を一新するためにはどうすればいいか?考えた末、日下部さんは「最も面積を占める壁紙を替えればいいんだ!」と思いつきます。

恵比寿にある輸入壁紙専門店WALPAのワークショップに旦那さんを誘いました。日下部さんご夫婦が体験したのは、壁紙を貼るワークショップでした。これがきっかけで、日下部さんは壁紙の世界に引き込まれていきます。

その日、WALPAで運命的な2種類の壁紙と出会いました。その1つが、薄い水色の背景に、躍動的な猿がひしめく壁紙です。こちらは玄関に貼られており、来客を出迎えてくれています。

黒のお猿を、その後どうしてもどこかに貼りたくて仕方なくて(笑)『ここだ!』って思って貼りました

WALPAで出会ったもう1つの壁紙は、リアルなイラストタッチのパイナップルが全面に描かれた壁紙です。
パイナップルの壁紙
当初は壁紙に興味のなかったご主人も、ワークショップで壁紙に触れ、「トイレくらいなら貼ってもいいかもしれないね」と興味を持ってくれるようになりました。ここから日下部さんの壁紙愛にあふれた部屋づくりがスタートしました。

輸入壁紙の魅力は、豊富な種類から選べる楽しさ

日下部さん宅に貼られている壁紙は、もとの白壁以外はすべて輸入壁紙です。
輸入壁紙の束

輸入壁紙の魅力のひとつは種類の豊富さです。国によって、ブランドによって、デザイナーによって、テイスト・色味・柄・テクスチャなどがまったく違います。いくつものデザインから自分のお気に入りのものを選ぶのは、輸入壁紙ならではの楽しみ方です

2.コンセプトは「アニマル、ボタニカル、自然素材」そして共通してリアルなフェイク

パイナップルとお猿の壁紙を貼ってすぐに、次を貼りたい!と思いました。次の壁紙を選ぶにあたって、しっかりコンセプトを決めることに。最初に一目ぼれしたのがパイナップルとお猿だったこともあり、コンセプトは『アニマル、ボタニカル、自然素材』と決めました

お猿と植物柄の壁紙

南国植物柄の壁紙

すだれ柄の壁紙

リアルな植物柄
最初は「この汚れた壁紙をどうにかしたい。ここにどんな壁紙を貼ろう?」という基準で選んでいましたが、すぐに「この壁紙を貼りたい。さてどこに貼ろう?」という壁紙ありきの思考回路に変わりました。

貼りたい壁紙を最優先にしつつ、その壁紙に合わせて他の壁紙や家具・雑貨などをコーディネートしています。それぞれの部屋に個性豊かな壁紙があっても違和感がないのは、コンセプトの軸をぶれないようにしているからです。

旦那さんと壁紙を貼るワークショップに参加し、自分たちで貼ることはできました。しかし我が家の場合、貼る量も多く、階段など複雑な形状にも貼りたかったので、壁紙の施工は職人さんに依頼しました

言葉の端々から壁紙への愛情がにじみ出る日下部さんに、壁紙ツアーをしていただきました。

1階の壁紙

1階の壁紙

猿の壁紙:Mind the Gap(ルーマニア),ドアの壁紙:NLXL(オランダ) Piet Hein Eek

玄関に入った瞬間、出迎えてくれたのは、何匹もののぼり猿たち。運気がよくなる柄だそうです。背景色が異なる2種類の壁紙が天井まで貼られていて、思わず見上げてしまいました。
ここの写真をInstagramに投稿したところ、この壁紙のブランドであるMind the Gap公式アカウントの目に留まり、光栄にも「クレイジーモンキートンネル」と名付けられたそうです。ここを通るだけで、壁紙が持つ独特な雰囲気に、圧倒されるとともに一瞬で心を奪われます。

本当に少しずつ貼っていきました。まずは右側の壁→ドア→床のクッションフロア→左側の壁→最後に天井。次はどうしようかなって考えるのが本当に本当に楽しいし、幸せです

ベッドルームの壁紙

ベッドルームの壁紙

ボタニカル柄の壁紙:Mind the Gap,網模様の壁紙:BN(オランダ)

「寝室はボタニカルボタニカルしました(笑)まさに、超ボタニカルという感じでしょ?」と話す日下部さん。背景が濃いネイビーのボタニカル柄と、グレーのラタン柄の壁紙の取り合わせがお気に入りです。

洗面所・ランドリールームの壁紙

ランドリールームの壁紙

ボタニカル柄の壁紙:白いレンガ柄の壁紙:rasch(ドイツ),ボタニカル柄の壁紙:rasch(ドイツ)

白いレンガ柄の壁紙とボタニカル柄の壁紙を組み合わせた、ホテルライクなランドリールームです。

raschの壁紙は表面がビニール素材のため、水まわりにも向いています。洗面台の鏡にボタニカル柄が映りこむと、緑が2倍、3倍に増えて見えるので、違った角度から壁紙を楽しめます

お風呂の壁紙

植物の壁紙と子ども

ボタニカル柄の壁紙:Wallshoppe(アメリカ)

お風呂にもシールタイプの壁紙を貼る徹底ぶり。

1階トイレの壁紙

トイレの壁紙

トイレの壁紙

パイナップル柄の壁紙:Mind the Gap(ルーマニア)

パイナップル柄の壁紙は徐々に貼る面積を増やしていき、最終的に天井まで届いてしまいました。壁紙の雰囲気に合わせてトイレットペーパーホルダーをアイアンにしたり、ライトもインダストリアルな印象のものにしたりと、コーディネートを存分に楽しんでいます

2階の壁紙

2階階段の壁紙

モンステラの壁紙:rasch(ドイツ),木の壁紙:NLXL(オランダ) Piet Hein Eek

玄関から2階のリビングへ続く階段に貼られている壁紙は、幾重にも重なるリアルなモンステラの柄です。蹴上の部分にも木の壁紙を横貼りしている徹底ぶりに、頭が下がります。

キッチンの壁紙

キッチンの壁紙

矢羽根柄の壁紙:NLXL(オランダ) Piet Hein Eek

キッチンカウンターの横までモンステラの壁紙を巻き込むことで、立体感を楽しむことができます。WALPA本店(大阪)のスタッフさんにアドバイスいただきました
カウンターの前面に貼った矢羽根柄を目立たせるために、キッチン奥の壁に壁紙を貼りたい気持ちをぐっとこらえています

ステンレス風シート
キッチンカウンターの天板も、もともとは白でした。ステンレス風にするため、何種類ものダイノックシートから選んだものを貼りました。

こういう壁紙以外の部分を一緒に考えていくのが本当に楽しいです

リビングの壁紙

リビングのブルーの壁紙

ブルーの壁紙:NLXL(オランダ) Piet Hein Eek

鮮やかなブルーで幅の広い板壁に、フェイクグリーンと革のソファをコーディネート。バランスよく配置された植物が壁紙のよさを引き立たせています。

国産壁紙は幅が約90cmですが、輸入壁紙は約50cmと細いので、横貼りができるのも魅力です。

ここではカジュアル感を出したかったので、横向きに貼ってボーダー柄にしました

2階 寝室の壁紙

寝室の2種類の壁紙

ブ壁紙:Mind the Gap(ルーマニア)

旦那さんからは、ぐっすり眠るためにも子どもの寝室には壁紙を貼らない方がいいと言われていたのですが、「このバナナの葉っぱの壁紙なら!」と思い切って貼ったそうです。日下部さんは「旦那も気に入ってくれました」とニヤリ。

窓にはもともと白いロールスクリーンを付けていたのですが、壁紙に合わせてウッドブラインドにしています。照明もシーリングファン付きの木の照明に取り換え、部屋全体を壁紙に合わせてコーディネートしました。

3階の壁紙

3階の階段

ボーダーの壁紙:NLXL(オランダ) Piet Hein Eek

3階に上がる階段は、リビングと同様カジュアル感を出しかったので横貼りにしてボーダーにしました。

この壁紙は、日本の寄木細工にヒントを得てデザインされたものだそうです。そういうエピソードを知ると愛が増しますね。ところどころエイジングされていて、味がありつつもカジュアルな雰囲気が気に入っています

3階 トイレの壁紙

3階のトイレ

バナナの葉の壁紙
リアルなバナナの葉に埋め尽くされた、インパクトのある壁紙です。便座に座って周囲を見渡せば、天井まですべてバナナの葉に囲まれていて、まるでジャングルにいるかのよう。

以前は便座の奥の斜めになっている壁があまり好きではありませんでした。でも、壁紙を貼ってみたら逆に角度があることで立体感が出て、今ではお気に入りです

遊び部屋・オタク部屋の壁紙

遊び部屋

布の壁紙:Mind the Gap(ルーマニア)

テキスタイルがそのまま壁紙になっています。染めはもちろん、布の擦れた感じまでリアルなんです。この壁紙は一目ぼれしてから購入まで半年間悩み続けたもの。この壁紙を貼るために、物置と化していたこの部屋を大断捨離しました!

フェイクグリーンショールームの壁紙

フラミンゴ柄壁紙

フラミンゴの壁紙:rasch(ドイツ)

フラミンゴ柄の壁紙とブルーの壁紙の組み合わせは、海外のリゾート地に吹く風を感じさせます。

『同じ壁紙は使わない』と決めています。ブルーの壁紙はリビングと同じものですが、縦貼りにすることで印象を変えています。ウッドブラインドも合わせてコーディネートしました

3.壁紙に出会って人生が変わった

ブルーの壁紙

壁紙のおかげで世界が変わり、暮らしが楽しくなりました。断捨離をして掃除と片付けをこまめにするようになったのも、すべて壁紙のおかげです。壁紙の費用を捻出するために節約するなど、壁紙を軸に生活が回っています

日下部さんインタビュー

壁紙を好きになって再認識したのは、自分はリアルなフェイクが好きなんだということです。いなざうるす屋でセレクトしているフェイクグリーンも、部屋に飾っている動物のオブジェも、壁紙も床材も

4.壁紙の魅力を広めるのが使命!

2種類の壁紙
壁紙の楽しさをもっと広めていきたい、と日下部さんは意気込みます。
2019年は東京大阪名古屋3都市でイベントを企画しました。壁紙のコレクションを並べてたくさんの方に手に取ってもらったり、魅力を皆さんの前で語ったりしたそうです。
また、WALPA恵比寿と大阪本店で「壁紙キュンキュン会」というオフ会イベントも開催。「みんなで壁紙にキュンキュンしました」と楽しそうに話します。

Instagramで壁紙愛を発信し続けたことで、壁紙オタク2人とも出会いました。2019年末には「壁オタ会」を結成。今年は彼女たちともっと身近なところから壁紙の魅力を広めていきたい、と話してくれました。
週末には、ママ友を呼んで壁紙を使ったワークショップを開催する計画もあるそうです。
手作りのイス
こちらの写真は壁紙を愛する友人たちとつくったリメイクスツールです。

壁紙の可能性は無限大。もっともっと壁紙の魅力を広めていきたいです!

■プロフィール
日下部有香さん
フェイクグリーン専門店「いなざうるす屋」オーナー。
Instagram:@inazaurusu_ya
飾る場所、飾る人ごとに個性が出るフェイクグリーンを雑貨感覚で使うことを提唱している。
イベント出店やワークショップも精力的に行う。
東京都杉並区
3人暮らし