ライフスタイル

【こだわりの部屋づくりvol.27:前編】 シンプルでありながら温かみもある!モノトーンテイストの部屋づくり(YUKIさん)

目次

今回ご紹介するのは、東京都内のマンションで夫婦二人暮らしをしているYUKIさんの部屋です。床の色に合わせて、モノトーンを基調にしながらやわらかい印象になるようコーディネートしています。背の低い家具で揃えられた室内は、狭さを意識させず、すっきりとしています。今回は、そんなYUKIさんの「やわらかいモノトーンテイストの部屋づくり」をご紹介します。

【YUKIさん】
年齢:35歳 仕事:PR
家族構成:夫婦二人暮らし

【住んでいる物件】
間取り:2LDK

「3年前、結婚を機に都内の分譲マンションを購入しました」

YUKIさんが住んでいるのは日の光が入りにくい北向きの部屋ですが、室内はそれほど暗くないため気にならなかったとのこと。YUKIさんのご実家が西向きで、暑いのが嫌だったそうです。そのため、西向きの部屋だけは避けて探しました。

このエリアを選んだのは職場へのアクセスがよく、お互いの実家にも近い場所だからです。とにかく交通の便がよく、どこへ行くのにも便利なことが決め手となりました。

1.コンセプトはやわらかいモノトーンインテリア

YUKIさんの部屋は全体的に物が少なく、生活感を感じさせません。全体の色調を統一し、床の色になじむよう、全体の色調を統一しています。背が低めの家具を揃えることで、部屋が広く感じられる工夫がされています。
モノトーンインテリア

座椅子:RODE/テーブル:CURU/テレビ台:楽天

テレビ台はモノトーンのロータイプを、座椅子はライトグレーで脚のないタイプを選びました。ローテーブルの脚にホワイトの水性ステインを塗って、ほかのインテリアともなじむようにしています。

妥協せず、お気に入りのアイテムだけを置くことによって、シンプルでありながら温かみのある空間に仕上がっています。

モノトーンカラーは人を選ばず挑戦しやすい配色ですが、シンプルでクールな印象になってしまいがちです。YUKIさんは「やわらかいモノトーンインテリア」をイメージし、冷たい印象を与えないよう細部にこだわりました。

冷たくなりすぎないよう、丸みのある形のテーブルを選びました。モノトーンカラーは人気があり、いろいろなアイテムが手に入りやすいです

2.お気に入りのアイテムはIKEAのドレッサー

お気に入りのドレッサー

ドレッサー:IKEA/椅子:イームズ

化粧品が大好きなYUKIさんは、ドレッサーにずっと憧れていたそうです。現在使っているIKEAのドレッサーは価格も手ごろで、作業台としても使えるほど広いスペースが魅力です。

使いやすく、収納部分も工夫しがいがあって気に入っています。3つの引き出しには普段使うアイテムをしまい、隣にあるラウンドチェストにはメイク関連のストックをしまっています
組み立ては大変でしたが、主人にしっかりつくってもらいました

3.空間ごとのポイント

リビング

開放的なリビング
限られたスペースで心地よく過ごすために、これまで使っていたソファを処分し、座椅子を置くことにしました。テーブルの丸みのある形や、座椅子の温かみが感じられるファブリックに、YUKIさんのこだわりが感じられます。

テーブルは遊び心のある形が気に入っています。天板のホワイトで、部屋全体が明るくなった印象があります
今まで使っていたローソファも便利でしたが、雑多な感じが気になり、オシャレな座椅子を探しました。ソファと違って、すぐに移動させることができます。お掃除ロボットとの相性もよく、掃除が楽なのでおすすめです。座椅子派が増えると嬉しいです

・カレンダー
インパクトあるカレンダー

カレンダー:2019 ステンディグカレンダー

カレンダーは3年連続で注文しているほどお気に入りです。インパクトのある小物が映えるのは、空間全体をシンプルにまとめているからこそです。

物をいろいろ置かない分、ここでインパクトを出しています

・カーテン
星柄のカーテン

カーテン:Twinkle

カーテンは昔から星柄のものと決めているYUKIさん。星柄はファンシーになりがちですが、ライトグレーに小さな星という控えめなデザインを選んだことによって幼くなりすぎず、まわりの落ち着いたインテリアとも調和しています。

ベッドルーム

ベッドルーム

ベッド:楽天

ベッドルームは細長い造りなので、狭く見えないよう家具の配置にこだわっています。ここでも背の低い家具を選び、全体をホワイトで統一することによって、圧迫感のない空間に仕上げています。

ローベッドにはベッド下の収納がありませんが、床が近いと落ち着いて眠れます。布団派だった主人にも、この高さは合っているようです

キッチン

キッチンワークトップ
ワークトップに置くものは、ケトル、塩と胡椒のボトルのみです。掃除のしやすさを1番に考え、物を置かずに広々と使うことを心がけています。

・キッチンカウンター
工夫されたキッチンカウンター

スライドテーブル:ディノス/ゴミ箱:無印良品

キッチンのワークトップに電子レンジを置くと、生活感が出てしまうのが嫌だったそうです。そこで、キッチン横のカウンターを工夫して、収納兼ゴミステーションにしました。

電子レンジを置くために、カウンターと同じ高さの棚を見つけてL字に置きました。カウンターの下には、両側から蓋を開けることができるゴミ箱を3つ並べています

洗面所・バスルーム

・バスルーム
すっきりとしたバスルーム

写真:YUKIさんご提供

バスルームは床に何も置かず、必要なものはほとんど引っ掛けています。ごちゃごちゃしないよう、見た目がシンプルなデザインを選んでいます。
取り出しやすい収納

写真:YUKIさんご提供

掃除をするためのツールは、ドアのところに引っ掛けたり、取り出しやすい引き出しにしまったりしています

・洗面所
無駄なくスペースを活用
バスルームに物を置かなくていいように、必要なものは洗面台の鏡裏に収納。よく使う歯ブラシなどは下の段に置いています。ケースを使って上の段まで無駄なくスペースを活用しています。

玄関

工夫した玄関スペース

玄関のドアにはマグネットフックを付け、ネックレスや時計など出かける直前に着けたいものを吊るしています。動線がスムーズになりました

4.部屋での過ごし方

便利なタブレットホルダー

タブレットホルダー:3COINS

写真:YUKIさんご提供

YUKIさんは、平日のフリータイムに友だちと遊んだり、ピラティスや映画鑑賞をしたりしています。1週間をがんばって過ごすために、楽しみをスケジュールに組み込んでいるのだとか。部屋では寝る前に映画やドラマを観るのが好きで、この時間を快適に過ごすためのグッズにこだわっています。

・タブレットホルダー

ホワイトなので、見た目もうるさくありません。タブレットは重さがあるのでちゃんと固定できるか心配でしたが、問題はなかったです

後編では、部屋づくりの過程や収納について、ご紹介します。

YUKIさんのInstagramはこちら