インテリア

ブルーをインテリアに取り入れて、爽やかで大人っぽい部屋づくり!

目次

海や空を連想させるブルー。爽やかで涼しげな雰囲気は、暑さの残るこの時期にピッタリのカラーです。

今回ご紹介するのは、暑い日でも快適に過ごせるブルーインテリア。見ているだけでひんやりとした気分にさせてくれるので、リラックスできる心地よい空間づくりに最適のアイテム。テイスト次第では、リゾート地に訪れたような非日常感を楽しむこともできます。

また、寒々しい印象を与えるブルーですが、他の色との組み合わせによって明るく温かみのある雰囲気に。シンプルだけどおしゃれな北欧テイストや、スタイリッシュで大人っぽいモダンテイストなど、お部屋の雰囲気に合わせてブルーインテリアをコーディネートしてみましょう。

1.ブルーインテリアの特徴

大人っぽいブルーのソファ
クールで落ち着いた印象を持つブルーは、インテリアでも人気の高い色です。他の色との組み合わせによって、冷た過ぎずやわらかな雰囲気の部屋を演出することもできます。

ブルーには、人の体感温度を下げたり、集中力を高めたりする効果が期待できます。
リビングや寝室など長い時間過ごす空間に、ブルーインテリアを取り入れることで、暑い日でもゆっくりとくつろげるお部屋になるでしょう。

2.配色を意識した部屋づくり

ブルーインテリアは、他の色との組み合わせ次第で部屋の雰囲気が変わります。
最初にどんなテイストにしたいかイメージをしておくと、雑然とした印象にならず、統一感のあるすっきりとした部屋になります。

ブルー×ホワイト
ブルー×ホワイトの北欧テイスト
ブルー×ホワイトはスッキリまとまる王道の組み合わせ。人気の高い北欧テイストなど、シンプルでおしゃれな雰囲気にしたいならおすすめです。
ブルーの中でもパステルブルーといった明るいものを選ぶことで、清涼感のある瑞々しい部屋になります。

ブルー×グリーン
ブルー×グリーンの温かみのある部屋
ブルー×グリーンは同じ寒色同士ですが、無機質な印象はなく、植物を思わせる緑色の優しい雰囲気がブルーの落ち着いた雰囲気とよくなじみます。
ポイントカラーに観葉植物を使うことで、リゾート地のような非日常感ただよう華やかな空間をつくりだすことができるでしょう。

ブルー×グレー
ブルー×グレーのクールでモダンな部屋
上品で大人っぽい雰囲気を演出したいなら、ブルー×グレーの組み合わせがベスト!
どちらの色も落ち着いた印象を与えるため、統一感のあるシックな部屋にしてくれます。ブルーの色味を少し明るいものを選ぶことで、冷た過ぎず、女性らしいやわらかな雰囲気にしてくれます。

3.部分的に取り入れて、既存のインテリアとなじませる

カーテン
ターコイズブルーのカーテン
面積の大きなカーテンにブルーを取り入れることで、部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。遮光カーテンなどしっかりとした生地なら、ターコイズブルーといった明るい色を選ぶことで重苦しさが軽減され、明るい部屋にしてくれます。
また、ミラーレースなど薄い生地のカーテンと合わせれば、その日の気温などに合わせて使い分けれるので、季節の変わり目でもしっかり対応できます。

ソファー
ダークブルーのソファー
インテリアの中でも存在感のあるソファー。ホワイトやベージュなど明るい色味の壁や床に、ダークブルーのソファーを1点置くだけでメリハリが生まれ、バランスの良い空間に仕上がります。また、ダークブルーは暖色との相性も良く、落ち着いた温かみのある雰囲気にしてくれます。

クッション
ブルーの大人っぽいクッション
シンプルなデザインも多いブルーのクッション。柄が付いていても、ブルーの落ち着いた雰囲気から大人っぽい印象になります。並べて置いてもうるさくならず、上品さを感じさせてくれます。

4.まとめ ブルーを使ったコーディネートで自宅を清涼感のある過ごしやすい空間に

ブルーのソファでリゾートテイスト
残暑の残るこの時期、まだまだ暑さ対策が欠かせません。クーラーや扇風機など冷房機器を使うのもいいですが、部屋の雰囲気を変えることで涼しくなれるなら試してみたいと思置いませんか。
身体にもお財布にも優しいブルーインテリアで、残暑を乗り切りましょう。

こちらの記事もおすすめ