引っ越しが決まったらすぐにやりたい3つの準備

4月を目前に、引っ越しの準備に追われる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は引っ越しが決まったらやりたい3つのことを紹介します。スムーズに新生活を始められるよう、事前準備はしっかりしましょう。

1.まずは新しい部屋を❝知る❞ことから始めよう

まずは新しい部屋を❝知る❞ことから始めよう

まず最初に確認したいのが、新居の間取りと各部屋の採寸。

カーテンだけは引っ越し当日から必要です。そのため、家が決まったらすぐに、各部屋の窓のサイズを測っておくと良いでしょう。窓の幅と長さを測ったら、カーテンのサイズを考えます。掃き出し窓用のカーテンは床についてしまうとホコリが溜まるため、床から1~2cmほど短くすると見た目もきれいです。

家具のレイアウトを考える前に、各部屋の採寸もしっかり行いましょう。柱や梁、ドアの開閉部分、照明のスイッチの場所、コンセントがある場所には家具は置けないため注意しましょう。

押し入れやクローゼットの収納も忘れずに確認を。横幅、奥行き、高さを測れば無駄なく物を収めることができて効率的です。そして上記の採寸情報をメモをしてから、買い物に行くのがおすすめ。家具や家電などの大きな買い物も失敗がありませんよ。

2.生活用品を買い替えて新生活をスタート

生活用品を買い替えて新生活をスタート

引っ越しは、生活用品の買い替えにぴったりのタイミング。

タオル類やベッドカバーなどのファブリックを見直すと、新生活を気持ち良く迎えることができます。ファブリック類は色のトーンを揃えたり素材感を合わせると、インテリアにも統一感が出ます。

照明グッズを新しくするのも良いでしょう。お好みのインテリアイメージに合わせた照明グッズで、理想のお部屋を作ってみてください。

調理グッズの見直しも、引っ越しのタイミングがおすすめ。フライパンなどの鍋類は寿命がわかりにくいもの。テフロン加工がはげていたり使い勝手が悪くなっていると感じるなら、引っ越しのタイミングで見直してみてはいかがでしょう。

3.新しい街を散策してみる

新しい街を散策してみる

引っ越し先が決まったら、周辺環境をチェックすることが大切です。スーパーやコンビニ、病院、銀行などの場所を確認しておくと、緊急時に困ることが少ないでしょう。

インターネットでも手軽に調べることができますが、実際に歩いて確認すれば、街の雰囲気や距離感がわかります。地元に根付いたお店を知ることで近所の人たちとのつながりもできますし、美味しいご飯屋さんや居心地の良さそうなカフェが見つかれば、休日も楽しく過ごせそうです。

夜の時間帯に周辺を歩いてみることもおすすめします。最寄駅からの帰り道に街灯はあるか、夜でも人通りがあるか等知っておけば、新生活も安心です。また、事前にハザードマップも確認しておくことも大切です。災害があった時の避難場所も新しく知っておく必要があります。ハザードマップは転入手続きをする際に役所で渡されたり、自治体のウェブサイトなどで確認することができます。万が一の時に備えた対策も万全にしておくと、安心です。

早めの準備でスムーズな新生活を

引っ越しが決まると、手続きだけでもやることが山積み。できることは早めに用意しておくことで、快適な生活がスタートできます。楽しい新生活をイメージしながら計画的に準備してみてください。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.