ライフスタイル

【こだわりの部屋づくりvol.13:後編】 家具の色やブランドを揃えた北欧テイストの部屋づくり(yu__ca719さん)

目次

前編ではyu__ca719さんの部屋のコンセプトや収納についてご紹介しました。後編では、yu__ca719さんの部屋づくりの過程や家具の選び方、ライフスタイルについてご紹介します。本や雑誌から得た知識をもとに、鮮明なイメージを頭の中に持っていたyu__ca719さん。部屋づくりは必要最低限の家具を揃えてから、ライフスタイルに合わせて少しずつ部屋をカスタマイズしていきました。

【yu__ca719さん】
年齢:23歳 仕事:IT関係
「就職がきっかけで、昨年の春頃に上京して一人暮らしを始めました。社会人2年目の今は、仕事が楽しいと感じています。部屋をすっきりさせて、より仕事に集中できるような環境を整えています」

【住んでいる物件】
yu__ca719さんが住んでいるのは、西武池袋線沿線にある1R・8畳でクローゼットがない部屋です。職場までは乗り換え1回で約50分かかります。立地よりも、リノベーションしたばかりのきれいな室内とオシャレな内装を優先してこの部屋を選びました。周辺はお店や人通りが少ない閑静な住宅街です。駅の近くには懐かしい雰囲気の商店街があり、時々、ふらっとお散歩に出かけることもあるそうです。

1.部屋づくりの過程

yu__ca719さんが部屋づくりを始めたのは昨年の秋頃からです。引越しをした直後は、生活のリズムをつくるのに精いっぱいで部屋を飾る余裕がなかったと話します。初めての上京と一人暮らし、就職が重なって、心配や不安もある中、最初は生活できるだけの家具を揃えて新生活をスタートしました。

部屋づくりの過程1:色に気をつけながら、大きな家具を選ぶ

①大物家具をまとめて揃える
北欧テイストの部屋

大物家具はすべて、最初にまとめて購入した物です。時間をかけて、こだわって決めました

主要な家具をまとめて購入するのは「失敗したくない」という思いが大きく、決断には勇気がいります。yu__ca719さんは、「白:木:差し色=6:3:1」に決めて、理想に近い物を選ぶことを心がけていました。

部屋づくりの過程2:小物で部屋を飾る

部屋を飾る小物
部屋を飾る小物2
新生活のリズムがつかめてきた頃、yu__ca719さんはより快適な環境にする工夫を始めました。まずは、大好きな花で飾りました。生花を飾っていた時期もあったそうですが、仕事が忙しい今の生活では手入れが簡単なドライフラワーや造花にしています。
一目ぼれして購入したクッション
ドラマに出てくるインテリアに同じようなクッションがあるのを見て、一目ぼれしてから購入した物。カバーが変えられるタイプで、今後はベージュ系も試してみたいと話してくれました。次に引越しをする時も必ず持って行くと決めているくらい、その使い心地に夢中です。

部屋づくりの過程3:DIYをする

リンゴ箱を活用した収納
リビングの化粧台とキッチンの収納、調味料入れにはリンゴ箱を活用。化粧台にしているリンゴ箱は2箱を重ねています。中のかごや、ラックは100円ショップで揃えています。

今後は北欧雑誌で見たような本棚のDIYをやってみたいです。本棚はある程度の大きさがあるので、部屋のスペースがもっと広くないとできないと思います。実行するのは将来、もっと広い部屋に引越してからになりそうです

インテリアに興味を持ったきっかけと今後の部屋づくり

yu__ca719さんがインテリアに興味を持ち始めたのは、一人暮らしが決まってからです。ここ数年、インテリア関係の本や雑誌を積極的に読むようになったと話してくれました。今後は、より仕事に集中できる机まわりにして、テレワークをしてみたいそうです。

2.なるべく同じブランドで合わせるほうが失敗しない!

家具の購入で1番気をつけているのは、色と部屋の相性です。yu__ca719さんの部屋にあるインテリアは、木と白の物がほとんどなので、それ以外の色や素材には手を出さないと決めているそうです。購入する場所はお店が多いですが、事前に必ずネットから情報収集をしています。色、デザイン、値段を基準にして、一通りどんな物があるのかを知っておくと、お店に行ったときに迷わずに済みそうです。

大物家具のほとんどは、IKEAで購入しています。北欧テイストの部屋にしたかったので、気に入ったデザインが多かったです。ブランドを統一することのメリットは、誰でも簡単にオシャレな部屋がつくれることだと思います

今後、引越しをすることがあってもIKEAで揃えた家具を中心に部屋づくりをするつもりだと話してくれました。

3.趣味や休日の過ごし方

お菓子づくりが得意なyu__ca719さんは、休日にお菓子をつくることがあります。キャロットケーキが得意だそうで、Instagramに美味しそうな写真がアップされていました。
お菓子づくり
以前は食事のつくり置きをしていたそうですが、仕事が忙しくて家で食事をする機会が減った今は、つくり置きをやめています。その代わり、友人が遊びにきたときに料理の腕を振るいます。和食やパスタ料理が得意と話してくれました。

器を集めるのも好きで、お皿ばかり買っていた時期もありました。かわいい豆皿をたくさん持っています

かわいい豆皿
月に1回はアウトドアにも出かけます。登山やキャンプ、フェスなどに友人たちと連れ立って出かけているそう。
アウトド

初登山の富士山がすごく楽しくて、登山が好きになりました。その後、高尾山にも行っています。フェスは、ビバラロックフェスティバルやロッキンジャパンフェスティバル、横浜の赤レンガ倉庫で開催されるグリーンルームフェスティバルも雰囲気がよくていいですよ

4.これから部屋づくりを始めたい方へ

最初は、生活に必要な最低限の家具を揃えるに留めたほうがよい、というアドバイスをいただきました。yu__ca719さんは、最初に水切りかごや物干しラックを購入したものの、それらを実際に使う機会はなかったそうです。

上京したての頃は、仕事に慣れて自分の生活リズムをつくることが一番大事です。それができてから部屋を自分の好きなようにつくっていくのがよいと思います

初めての一人暮らしだと特に、素敵な生活に対する憧れが募るあまり、焦ってインテリアを揃えてしまいがちです。そんなときは、少し立ち止まってみることも必要かもしれません。「まずは生活スタイルから…」と、思い直して徐々に自分らしい部屋をつくっていきましょう。

※yu__ca719さんのインスタグラム

アカウント名:yu__ca719
お気に入りの1枚は2018年9月9日の部屋つくりを始めた頃の物です。クローゼットがない部屋に住むyu__ca719さんは、今後、収納のコツなどを発信していきたいと話してくれました。
お気に入りの1枚
yu__ca719さんのInstagramを見る

こちらの記事もおすすめ