[Vol.2]借りた状態では暮らしたくない!原状回復を見据えた“がっつりDIY”

ごく普通の3LDK賃貸マンションを、「1部屋は収納部屋」と割りきってDIYした佐々木さんご夫妻の住まい。原状回復を見据えながら床や壁まで変える工夫は、賃貸住まいのお手本になりそう。暖かい色づかいが落ち着く、賃貸DIYの可能性を感じる住まいです。

DIYした場所をチェック!

キッチンDIY
左:キッチンの収納扉に、レンガ風シートを貼って、雰囲気を変える/右:キッチンのタイル壁に、板をはめて収納を取り付ける

写真左:「よくあるクリーム色の扉だった」というシンク下の収納扉に白レンガ風のシートを貼り、取っ手をガラスに替えてキッチンの雰囲気を変えています。原状回復のため、既存の取っ手は保存しておきます。
写真右:元は、よくある白い壁紙。梁を利用して板をはめこみ、穴を開けられる壁をつくりました。はめこんだ板に、木2枚と棚用の固定器具を打ち付ければ、見せる収納のできあがり。

パーテーション代わりの板
冷蔵庫の後ろに板を取り付けて、キッチンとリビングに自然な境界線をつくる

冷蔵庫の後ろ側は壁で隠すのが一般的ですが、佐々木さんは調理動線を考えて、通路を挟んでコンロと冷蔵庫が向き合うように置いています。冷蔵庫の後ろには板を取り付けて裏側を隠すと同時に、キッチンとリビングに自然な境界線をつくっていました。
この板は、以前運営していた雑貨店の内装から持ってきたもの。今回のDIYでは、この店舗の内装材がいろんな場所で大活躍しています。

レトロな建具を、キッチンの目線隠しにする
レトロな建具を、キッチンの目線隠しにする

この建具も、クローズした店舗から持ってきたもの。背の低いレトロな雰囲気の建具を、目線隠しとしてシンク横に取り付けています。

廊下にヘリンボーンのクッションフロアを貼ってイメージを変える
廊下にヘリンボーンのクッションフロアを貼ってイメージを変える

玄関から入ったときのイメージをがらりと変えられるのが、廊下の床色。佐々木さんは、ヘリンボーン柄のクッションフロアを貼っていました。クッションフロアは厚みのある店舗用を選んでいます。

トイレDIY
左:トイレも床材を使ってDIY/右:棚を外せば収納にもなります。
100均のボウルを使って水の受け皿に
100均のボウルを使って水の受け皿に

無粋な背面のトイレタンクを隠しているのは、店舗で使っていた床板を張り合わせたもの。タンクを隠している部分は、開けるとボックス収納になっていて、掃除道具などを入れています。手洗いの水が流れる部分は、100均のボウルに穴をあけて受け皿に。床はレンガ風のクッションフロアを貼っています。

リビングルームの壁紙の上に柱をつくって、ベニヤ板を貼る
リビングルームの壁紙の上に柱をつくって、ベニヤ板を貼る

壁にビスを打つことのできない賃貸で活躍するのが「ディアウォール」。天井と床に置いて、柱になる木材を“突っ張り棒”のように設置すると、ビスの打てる柱ができます。佐々木さんは、リビングルームの壁にディアウォールを使って柱を3本立て、その柱にブルーに塗ったベニヤを打ち付けて壁をつくっていました。
ベニヤの壁には飾り棚を付けて、食器類の収納になっています。

IKEA DIY
左:IKEAの電球をアレンジして、カフェ風の窓辺に/右:インターフォンは額縁を使って隠して

写真左:作家の友だちにつくってもらったという白格子の建具を、リビングルームの窓辺に立てかけています。IKEAの電球と和紙を使ってDIYしたデザイン照明がアクセントになっています。
写真右:生活感の出るインターフォンは、ダイソーで買った木材を四角形に加工して囲み、額縁を蓋にしてボックスに。壁への取り付けは、無印良品の「壁に付けられる金具」を利用しています。

DIYのきっかけは?

「クローゼット・トイレ・お風呂の取り壊しで、資金が尽きた」

佐々木さんの母親は、子ども服やバッグ・お菓子まで何でもつくる人だったそう。それらをインターネットで売ってみたところ生産が追いつかないほど人気になり、インターネットショップが拡大。その頃に空いていた実家のアパートに店舗を出店し、それから第二子が生まれるまで12年間、営業を続けたそうです。

DIYのきっかけは、取扱い商品のテイストを変えるタイミングで、内装を変えたかったから。それまでは隠していたクローゼット・トイレ・お風呂の取り壊しで40万円かかり、床貼りと壁のしっくい塗りはDIYでやってみようと思ったそうです。

子供部屋の棚
子供部屋の棚

「このままでは暮らしたくない!」

店舗の上階でDIYを楽しみながら暮らしていた佐々木さんご家族。子どもが2人になり、幼稚園に通える場所への引越しを考えて5軒ほど内見をしたそうです。
「どの物件もDIYをすることを想定して見ていました。ここは設備が古くて、団地みたいな室内に抵抗感があったのですが、逆にDIYしがいがあると考えました。優先順位はエリアが一番だったので、幼稚園が近くて通勤もしやすいここに決めました」

賃貸はどうしても原状回復を考えて、住まいの不満を我慢しがちです。佐々木さんご夫妻のように、賃貸でも諦めずに“したい暮らし”に貪欲になると、家ですごす毎日が楽しくなりそうです。

「まだまだ、これからです。ようやく妥協点に近づいてきたので、これからもDIYで変えていきます」。

机DIY
子ども用の机は旦那さんのDIY。転んでも大丈夫なように、四隅を丸めています

気に入っている場所/失敗した場所/苦労した箇所

リビングの壁
リビングの壁

気に入っているのはリビングルームの壁。きれいにできたし、ディアウォールを使って壁をつくったりと、たくさんのアイディアを取り入れたから。

子供部屋DIY
子供部屋もカラフルにDIY

失敗してやりなおしたのは、子ども部屋の壁紙。原状回復を考えてマスキングテープで貼っていた壁紙と壁の間に空気が入ってきて、見た目が悪くなってきたそう。次は空気が入らないように、壁にベニヤを貼ってから壁紙を貼ろうと思ったら、両面テープで貼っていたベニヤが剥がれてきたそうです。「壁が落ちてきた!って焦りました(笑)」。

次にやりたい場所も同じく子供部屋。子ども部屋にある寝室への扉。普段から閉めっぱなしの扉なので、固定棚を取り付ける予定だそうです。「収納が少ない家なので、元から一部屋を収納部屋と割りきって使っています。ただ、子どもの荷物が増え続けているので、この扉をDIYして収納にしたいと思っています」。

床DIY
こだわって貼り直したクッションフロア

苦労したのは、クッションフロア。本当は接着剤で接着すればいいのですが、原状回復を考えると接着剤は使えず、両面テープで貼ったそうです。接着剤と違ってテープは空気が入るので、何度もやり直したそう。
※クッションフロアの貼り方:既存の床に太めのマスキングテープを貼って、その上にクッションフロア用の両面テープを貼って、クッションフロアを空気が入らないように貼っていく。

HOME’S DIY Mag編集部の感想

原状回復しないほうが良いのでは? と思うくらい、DIYのアイディアがたくさん詰まった住まいでした。DIYしたくてむずむずしている賃貸の皆さんはぜひ、原状回復ができるDIYとしてお手本にしてください。
それにしても、元に戻すのはもったいない! 住人のかけた手間が、住まいの価値に反映されるような未来が、早く実現できるといいなと思います。


写真

■概要
お名前:佐々木さんご夫妻
家族形態:夫婦・子ども2人(3歳・5歳)
住まい形態:賃貸マンション
間取り:3LDK
DIYした場所:キッチン・リビングダイニングルーム・子ども部屋・バルコニー
かかった時間:約2年
かかった費用:10万円以内
※床・壁材の材料費。その他は以前の住まい・店舗で使用していたものを再利用
文:石川歩/写真・撮影:佐々木様ご提供+編集部撮影

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.