MOVIE

[おうちカフェ]ドリッパースタンドをDIY!サビ加工に簡単ステンシルも- Coffee brewer stand DIY& add rust effect

目次

コーヒー好きの皆さんへ。
今回はこだわりのコーヒーを淹れるための「ドリッパースタンド」の作り方です。2本のボルトにサビ加工を施して、雰囲気あるドリッパースタンドをDIYしました。
程よいアンティーク感もアクセントになって、インテリアとしても楽しめます。
淹れるのも楽しい、飾っても楽しい。
持ち運びも簡単なのでおうちでもキャンプでも、カフェ気分を味わってください!

ドリッパースタンドの材料

ドリッパースタンドの材料

  • 木材1×6(ワンバイシックス) 15cm ×2枚(両端用)
  • 木材1×6(ワンバイシックス) 26cm ×1枚(底用)
  • インパクトドライバー
  • のこぎり
  • ドリルガイドキット
  • アイアン塗料 黒、茶色
  • ワックス
  • スポンジ
  • さしがね
  • 六角ナット
  • 袋ナット
    • DIYレシピ・ドリッパースタンドの作り方

      ●ドリッパースタンドドリッパースタンドの作り方

      1. 1×6材を15センチにカットする(2枚)
      2. 1×6材を26センチにカットする(1枚)
      3. 15センチにカットした木材に、ボルトを通す穴をあける。
        ※穴の位置はコーヒカップやポットを置ける高さにします。今回は13センチの高さにしました
      4. カットした木材全てにブライワックスを塗る
      5. 26センチの木材の両端3箇所に下穴をあける
      6. 26センチの木材の両端に15センチの木材をビスで留める
      7. ボルト用の穴にボルトを通しナットで締める

      ●サビ加工(エイジング加工)

      1. ボルトにアイアン塗料の黒を塗る。
        スポンジで叩くように塗っていくとボルトにも塗りやすいです
      2. 黒塗料が乾いたら、その上にポンポンと茶色のアイアン塗料をのせていく。
        少しずつ部分的に塗っていくと、本物のような質感になります。

      ●ステンシルシートステンシルシートの作り方

      1. ステンシルに使いたいロゴや文字などをプリントする
      2. クリアファイルに入れる
      3. しっかりと固定する
      4. 切り取りたいロゴや文字の形に沿ってクリアファイルをカッターで切る
      5. ステンシールシートの完成!
        使いたい場所に固定して、上からスポンジなどでポンポンと塗っていきましょう!

      キャンプテーブルと一緒に

      関連動画:[DIY×CAMP]丸めて・折り畳んで・ロースタイルなキャンプテーブル

      Designer/Model:石坂健(MARU代表)
      Videographer : 田川翔一
      Place:まめくらし研究所