DIY

ピラーブラケットで叶える簡単収納DIY

目次

白い壁の中に溶け込むかのようになじむ棚。思い出の写真や土産品、リラックスタイムに眺める本などお気に入りのアイテムを引き立てる控えめな棚は、Nさんが、この家に引っ越してきた時に手作りしたものです。
2×4材を、天井と床につっぱらせるようにして柱を立て、2本の柱の間に板を渡して作ったそうです。

ピラーブラケットで作った本棚

NさんのDIYで活躍しているのは、2×4材と組み合わせて手軽に柱が立てられる『ピラーブラケット』というアイテムです。
「天井までの高さを測るだけで、難しい設計もいらないのがピラーブラケットの魅力です。我が家のDIYでは大活躍してくれています」

これがピラーブラケット

ピラーブラケット

見渡せば、キッチンにあるカウンターも『ピラーブラケット』が支えています。

キッチンのカウンターをピラーブラケットで造作

「最初は作業台だけを作ったんです。使っているうちに、ここにカウンターがあったらいいなあと思って、作業台を囲むような棚を増設しました」とNさん。
カウンターが完成したのは、作業台を作ってから1年後だったそうです。
サラダを混ぜる時などちょっとした作業をするのに重宝する作業台は、友人を招いてのホームパーティーの時には、料理が並んでバーカウンターのように。
ひと続きだったキッチンとダイニングの空間を区切るパーテーションの役割も果たしてくれています。

カウンターの上下にも収納が

パーツを組み合わせて棚板を設置

カウンター下にも収納を作り、こまごまとした食材や調味料などをストック

有孔ボードを上手く使って、カウンター上部には“見せる”と“隠す”収納が作られています。使い勝手の良い2段の棚が上部収納です。
また、カウンター下は、食器や調味料が収納できる棚として活用。掃除がしやすいように、キャスターをつけて可動式にしたのもポイント!

奥まった狭いスペースも壁面棚で有効活用

狭い場所にもピラーブラケットなら自在に収納が作れる

キッチン奥の狭い空間は、壁面棚を設置することで作業スペースを確保しています。棚柱と棚受けを使えば、高さの調整も自在にできる設計。

パソコン机のサイズにもこだわりあり

パソコン机のサイズにもこだわりあり

パソコンを置く仕事机は、キッチンのカウンターと同じサイズで設計。
「同じサイズなら2つ並べたり、積み重ねたり、使い方の可能性が広がります」

NさんにとってDIYとは?

NさんにとってDIYとは?

「今は賃貸に住んでいて、これからもまた引っ越す可能性があるからこそ、家に合わせて、その時の状況に合わせて作っていけるDIYが、しっくりくるのかもしれませんね」
賃貸だからこそ感じられる、DIYの醍醐味、楽しんでみませんか?


■概要
お名前:Nさん
家族形態:夫婦
間取り:2DK
住まい形態:賃貸マンション
DIYした場所:キッチン、リビング、ダイニングルーム
DIY:8年

※取材時点2016年2月の情報です。
コンテンツ提供:『暮らし上手』編集部 http://www.kurashijouzu.jp/