[How to Paint]壁紙にペイントする方法- ROOMBLOOM×HOME’S DIY Mag

壁紙の上からでもペイントできること、ご存知でしたか?
今回、現状回復不要の賃貸物件に住んでいるカップルから「部屋をオシャレにしたいです!」という要望を受け、ROOMBLOOMさんにご協力いただき、和室の渋いお部屋をペイントでガラッと変身させてきました。

ROOMBLOOMのスーパー講師・土井さんにレクチャーしてもらいながら、本人たち自ら、壁紙の上からペイントすることにチャレンジ。初心者でもやり方さえ覚えれば、壁一面にキレイにペイントすることができます。
詳しい塗り方や注意点は動画で説明しているので、ぜひチェックしてくださいね。
今回使ったペイントはROOMBLOOMの「European forest(RB-10BG21)」。ソファの色に合う色をと探していたら、ピッタリのカラーがありました。

【材料】

ROOMBLOOMペイント
ROOMBLOOMペイント
壁紙の上にペイント中
壁紙の上にペイント中

【DIYレシピ・壁紙の上にペイントする方法】

  1. ペイントする前に壁をきれいに拭いて汚れを落とす
  2. 関係ない場所に塗料がつかないように養生する
    養生①壁の端やスイッチプレートなど、細かいところをマスキングテープでカバー。マスキングテープが浮かないように指でしっかり押さえつけて貼るのがポイント
  3. 養生②床や隣の壁面など、広い面はマスカーでカバー。マスカーはマスキングテープの上に貼る
  4. バケットにネットをセット。ネットはバケットに「カチッ」と音がするまではめる
  5. ローラーと刷毛の準備。新しい刷毛は毛先をしごいて余分な毛を抜いておく
  6. 缶をよく振って中身を混ぜる。バケットに必要な量を注ぐ
  7. 刷毛で壁の端やスイッチプレートなど、細かい場所から先に塗ります。上から下へ塗っていくのがポイント
  8. 広い面はローラーで塗る。最初はWを書くように大胆に塗って、徐々に塗りつぶしていく。コツは視線の高さでローラーを止めないこと
  9. 休憩など時間が空く時は、バケットにマスカーをかぶせるなどをしてペンキの乾燥を防止。刷毛やローラーも同様にマスカーやラップを巻くなどして乾燥を防止する
  10. ペイントは二度塗りが基本。一度塗りが乾いてきたら、二度塗りを開始
  11. 大体乾いたら(乾ききる前に)ゆっくりと養生をはがす
  12. 完成!ペイント生活を満喫してください!
Before/After
Before/After

完成後に二人に感想を聞いてたところ。

「はじめは作業のイメージが湧きませんでしたが、一度要領を掴むととても楽しく塗れました。よく見ると隅っこに少しだけ白が残っていたりしますが、普通に過ごしていれば殆ど分かりません。私達としては大満足の仕上がりで、インテリア選びも楽しくなりました!
ROOMBLOOMさんの道具も、ハケが手に馴染んだり必要なモノがセットになっていたりよく気が利いていて、とても使いやすかったです。
見た目も可愛くて、特にマスキングテープは剥がすのがもったいないくらい素敵なデザインでした!また塗れる箇所を探してDIYしたいと思います。ありがとうございました!」

完成後の壁の前で

自分の手で部屋を変えると愛着が増すものですね。特にペイントは楽しく簡単に挑戦できて、部屋の印象もガラッと大きく変えることができます。
※賃貸住宅居住者はオーナーさんの許可を取ってから挑戦してくださいね。

ROOMBLOOMとは

日本ペイント株式会社が工業用ではなく個人ユーザーを対象に住宅内装用ペイントとして提案している「ROOMBLOOM」ブランド。「暮らしを考える新しいペイント」をコンセプトに、そのカラーも100色以上。「secret diary」など、ペイントのイメージに合わせたネーミングも特徴の一つ。女性が思わず使いたくなるような缶のデザインで、缶そのものをディスプレイとして使ってもステキです。

Paint:ROOMBLOOM
Designer:石坂健(MARU代表)
Model:田中忍・都甲真名美
Cinematographer : Bae Jake Yong / Mathilda Hitomi Bormann

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.