[Vol.5]初心者OKのワークショップ! DIYで海チカのシェアハウスづくり

最近、どんどん増えているDIY・セルフリノベ人口。けれども「やってみたいけれど何もわからない…」「やりたいけれど今の家では無理」などの声もたくさん聞こえてきます。どこかで気軽にできる場所があればいいのに…と思っていたらありました、「海近の古家を改装して第二の拠点をつくるDIY合宿」。早速参加してみました。

海近の古家を改装して第二の拠点をつくるDIY合宿
みんなで作る、シェアハウス

逗子にある古い一軒家をみんなでDIY

合宿が行われているのは、逗子にある古い一軒家。おじいちゃんの家に来たかのような、懐かしい雰囲気が漂います。壁の質感や天井の梁など、最近の家にはない「味」をうまく活かしながらも、心地よく、個性があるシェアハウスへと生まれ変わらせよう、というのがこの合宿の目的です。

古風な玄関に昭和な雰囲気漂う廊下
古風な玄関に昭和な雰囲気漂う廊下

9月の連休から数回開催されており、参加者である通称「空家レンジャー」は70名以上。この日も10名以上が参加しており、役割分担を決めて4人分の個室となる2階の壁と床、玄関まわりの作業をしていきます。

玄関前の様子
玄関前の様子

玄関前にあった塀は大胆に壊し、テーブルを置き開放的な印象に。気軽に遊びに来たくなりそうなスペースです。横にある木は庭に移動できないか、専門家にも相談しながら方法を検討中とのこと。

ワークショップ主催者の加藤太一さん(写真中央)
住まいの大まかなテイストを考えるのは、主催者の加藤太一さん(写真中央)ですが、細かい部分は作業の場で、その日参加したメンバーがアイディアを出しながら進めていきます。
漆喰に波の模様をつける
漆喰に波の模様をつける

今回は「海辺の家なので壁に波の模様をつけたい」ということで、まずはどんな模様にするかインターネットで画像を検索。プロの左官屋さんが仕上げた壁を参考に、漆喰を塗った上から洗濯板のデコボコを使って模様をつけることにしました。

興味とやる気があれば大丈夫。初心者でも無事成功!

道具はすべて現地に揃っているので、汚れてもよい服さえあれば大丈夫。最初に、漆喰と水を混ぜ、板の上に取ったら壁に押し当てて一気に塗り広げる……という一連の作業を教えてもらい、いざ挑戦!手間はかかりますが意外と単純で、よくDIYが得意な人が言う「技術はいらないよ、やってみればできる」を実感できました。漆喰が乾く前に模様をつけるため、メンバー同士、連携しながら進めていきます。この日が初対面でしたが終わる頃には皆まるで家族のように仲良くなっていました。

img_pe005_0007

日が暮れるまで作業し、無事、2面の壁が仕上がりました。貝殻などを飾りたくなります。「ここまでできた!」という達成感は、DIY初心者にとってはちょっとした自信になりそう。この場所で暮らす人がいる…と思うと愛着も湧いてきます。

最近話題の空き家問題を「楽しく」解決

床貼り後の状態
床貼り後の状態

この取り組みを主催する加藤太一さんは、普段は会社員として働きながら、独学で学んだインテリアのデザインをしたり、逗子アートフェスティバルを開催。家やアート、人のつながりをつくる活動に取り組んでいます。そこで知り合った不動産会社の方からこの物件を紹介され、シェアハウスとして改装し住むことを計画。「楽しく解決したい」という考えで、改装するメンバーを「空家レンジャー」という形で募集しています。ゆくゆくは他の建物や地域でも活動していきたいとのこと。

これまで参加した方々は記念に写真を撮りボードに貼っています。
これまで参加した方々は記念に写真を撮りボードに貼っています。

これまで参加した空家レンジャーは、写真を撮りボードに。参加の動機は「DIYのイベントで加藤さんと知り合って」「シェアハウスをネットで探していて」「元々古民家再生をやっていて」などさまざま。軽い気持ちでも、熱い気持ちでも楽しく参加できるのです。

ただ住むだけじゃない。人が集まることで夢が拡大!

個室部分の2階は2016年内の完成目標。現在未改装の1階は、今後リビング・ダイニングとして1部屋作るほか、部屋をつなげて広い部屋にして中に小さな小屋をいくつか作る計画があるとのこと。そこは住人だけでなくいろいろな人が関われる場所として、週末だけをここで過ごしたり、イベントの場になる予定です。ここに訪れた人からは「学童をやりたい」というアイディアも。空き家がキレイになり、人が集まり、地域全体がもっと楽しく…そんな未来が見えるようです。

こちらのプロジェクトは、現在も月に2〜3回、週末に合宿を開催しており、新メンバーも随時募集中とのこと。ぜひ参加してみてはいかがでしょう。

空家レンジャー募集中ご興味がある方はFacebookページからメッセージをどうぞ!
空家レンジャー

文・写真:早瀬シヲリ

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.