リビングルームの快適空間づくり!オシャレに魅せるテレビボード選びのコツ

様々な種類があるテレビボード。デザイン、機能性、部屋のテイストなど細かく見ていくと、自分の部屋にはどんなテレビボードが合うのか悩みますよね。

テレビボードのデザインもいろいろと増えてきており、部屋のインテリアの一つとしても重要な要素です。

今回は、ワンルームや1Kのような一人暮らし用の部屋に置ける、テレビボード選びのコツとデザインやサイズでの選び方について、実例を用いてご紹介します。

■目次
1. テレビボード選びのコツ
2. テレビボード収納の実例
3. まとめ テレビボードで部屋をコーディネートする

1. テレビボード選びのコツ

テレビボードの収納やデザインを選ぶときのコツをご紹介します。

一人暮らしのテレビのサイズは?

大きさ様々なテレビ
まず、部屋に合ったテレビのサイズについて考えます。

テレビはやっぱり大きい方が良いという人もいますが、部屋の広さに対してテレビのサイズが大きすぎると、部屋に圧迫感を与えてしまったり、大きいのになぜか見にくくなったりしてしまいます。

テレビの大きさを選ぶときのポイントは、“視聴距離に比例してテレビサイズを大きくする”ことが重要です。

たとえば、6畳程度の大きさの部屋で視聴距離が1.4mくらいであれば約40型くらいが適当なサイズになります。

8畳の部屋で1.6mくらいの距離があれば42~46型。
12畳以上の広い部屋で1.9m程度テレビまでの距離があれば、52型以上がおすすめのサイズとなります。

ちなみに、上記は現在主流の液晶テレビの視聴距離です。めやすとしては、「画面の高さの約3倍の距離」が最適な距離です。

自分の部屋に合ったテレビを選べば、テレビを視聴しやすくなるのはもちろん、部屋の雰囲気に違和感なく、くつろぎながらテレビを見ることができます。

テレビボードのサイズ選び

サイズの合うテレビボード
次はテレビボードの置くスペースとサイズを選ぶポイントについてです。

テレビのサイズに対して、テレビボードが小さいと、アンバランスになってしまいます。また、安定性も低くなるので事前にしっかりとテレビのサイズを把握しておきましょう。

置く場所が部屋の真ん中なのか、隅なのか、置く位置によっても適したテレビボードは変わってきます。

テレビボードの大きさ選びですが、32インチぐらいのサイズを選択する場合、横幅120cmぐらいの物が適当といわれています。
テレビの横幅よりスペースに余裕をもたせた方が、バランスが取れて違和感なく置けるでしょう。

デザインをおろそかにしない

おしゃれなテレビボード
見た目がオシャレだからといって、そのほかの部屋のインテリアと明らかに系統の違う物を置いてしまうと、せっかくのオシャレなテレビボードが浮いた存在になってしまいます。

テレビボード以外のインテリアと調和をとったようなデザイン選びが必要になります。

また、あまり目立たない存在だからデザインはなんでも良い、と思っているとテレビボードだけでも部屋のイメージを崩してしまう可能性があります。

部屋全体のテーマカラー、デザインの方向性を合わせながらテレビボードのデザインを決めていくと、コーディネートがうまくいきます。

2. テレビボード収納の実例

忘れてはいけないテレビボードの収納

コンパクトなテレビボード

出典: LIFULLインテリア

テレビボードは貴重な収納スペースとなります。CD、DVDなどを収納するには最適な場所です。

最近ではただ収納するだけでなく、収納する物をそのままディスプレイできる物も多く、雑誌やCD、DVDなどのお気に入りのデザインの物をインテリアとして飾ることもできます。

「収納+インテリア」の両方を効率的につくれるテレビボードもあります。
好きなアーティストのジャケットを飾れば、オリジナルのインテリアにもなりますね。

シャビーシックなデザイン

女性的なデザインでアンティークなイメージが可愛らしい印象を持たせる、シャビーシックなデザインのテレビボードです。ちなみに、シャビーシックは、“古いけれど味がある”とか、“上品なアンティーク”という意味合いで、オシャレで大人カワイイ雰囲気のインテリアとしてピッタリです。
可愛らしさあるテレビボード

出典: LIFULLインテリア

収納たっぷりテレビボード

出典: LIFULLインテリア

このテレビボードは、引き出しが2つと、ガラス扉で中も確認できる書籍や雑誌、DVDなどを収納するスペースがあります。
オシャレなジャケットのCDやDVDがあれば、見えるように置いてみてもいいですね。
見せる収納テレビボード

出典: LIFULLインテリア

収納も活かしつつ、ナチュラルテイストな部屋にも映えるデザインです。
サイズ感も一人暮らし用にはピッタリですね。

シンプルだけど収納スペースが充実したテレビ台

オークの木を使っており、見た目はシンプルなデザインのテレビボードです。
落ちついたブラウンの色合いが、高級感も演出してくれます。
木の色合いが、様々な部屋に馴染みやすいのも特徴です。
ウッド調テレビボード

出典: LIFULLインテリア

このテレビボードは開き戸と引き出しで収納スペースが広いのも特徴的です。
大容量の収納スペース

出典: LIFULLインテリア

テレビボード周りもすっきりに

出典: LIFULLインテリア

横幅が広いので、広めのリビングにおすすめです。

テレビを置いた横にもスペースが生まれますので、小物のインテリアを置くとスペースも活かせます。

素材感を活かせるので、少しラグジュアリーな部屋づくりをしたいときに置きたいテレビボードです。

狭い部屋にはハイタイプのテレビボードを

少し高めのテレビボード

出典: LIFULLインテリア

色合いの落ち着いたダークブラウンの無垢材が使用されたテレビボードです。
ハイタイプですので横幅が狭く、スペースが取れない部屋に収納の多いテレビボードを設置したいときにおすすめです。
部屋の角でも困らない形

出典: LIFULLインテリア

背面が台形のようにカットされていますので、部屋のコーナースペースにも置くことが可能で、デッドスペースを活用できるタイプです。

引き出しと開き戸を開くと、大容量の収納ができるスペースとなっています。
収納力も抜群なコーナー用ボード

出典: LIFULLインテリア

部屋の角に、これだけ収納スペースがあると、リビングがすっきりしそうですね。

2wayの伸縮式テレビボード

汎用性の高いテレビボードである2way式は、部屋のシチュエーションに合わせて色々なコーディネートが可能です。

狭い部屋に置く場合はそのまま重ねて使うと AVデッキなどをおける収納スペースとなります。少し横に広げて置けるスペースがあれば、インテリアなどを飾ることも可能です。
変形式テレビボード

出典: LIFULLインテリア

リビングにスペースの余裕があれば、完全に独立して利用することができます。
部屋に合わs手サイズ変更可能なボード

出典: LIFULLインテリア

落ち着いた色味で、木材の持つ温かみのある空間をつくりやすいデザインです。

また、引越しなどで部屋の形や大きさが変わっても、部屋のつくりによって好みの使い方ができるのもメリットです。
普段の用途以外にも効果を発揮するので、一石二鳥ですね。

カフェレトロローボード

カフェ風テレビボード

出典: LIFULLインテリア

カフェ風のデザインを取り入れたいときには、収納とインテリアを兼ね備えたテレビボードがおすすめです。

こちらのカフェレトロボードは、本などをオシャレにディスプレイできるのが特徴です。

木目調の色合いは、落ち着いた雰囲気づくりに使いやすく、見た目もオシャレです。

部屋をカフェ風に統一したコーディネートにするとまとまりやすいです。

3. まとめ テレビボードで部屋をコーディネートする

色々なテレビボードをご紹介してきましたが、テレビボードひとつでもデザインや収納に大きな違いがあることがわかると思います。

テレビが生活の中心となる人も少なくはないと思いますが、それをオシャレに置けば、普段の生活がより素敵な空間に生まれ変わります。

今回ご紹介した実例をもとに、テレビボードを活用した部屋のコーディネートを考えてみてはいかがでしょうか?
テレビボードを変えるだけで、空間にまとまりができ、より快適な空間づくりができます。

登場したアイテム
LIFULLインテリア

一人暮らし(単身)にぴったりな間取りを見る
地上波だけでは満足できない方へ。ケーブルテレビ対応物件を見る

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.