【こだわりの部屋づくりvol.15:後編】 家具・インテリアは素材・テイストを揃えて統一感を出そう(_kiinakoさん)

前編では_kiinakoさんの部屋のコンセプトや収納についてご紹介しました。後編では、_kiinakoさんの部屋づくりの過程や家具の選び方、ライフスタイルについてご紹介します。木の家具を揃えようとすると、同じブランドの家具を購入するのが手っ取り早いですが、デザイン性にこだわる_kiinakoさんは、同じブランドで気に入った家具を見つけるのが難しいと判断しました。違うブランドの家具同士を部屋に馴染ませていく過程を見ていきましょう。

【_kiinakoさん】
年齢:27歳 仕事:飲食関係
「この部屋に住み始めて、4年半がたちます。学生の頃から一人暮らしで、今の部屋で3回目の引越しです。部屋を選ぶ条件は、職場に通いやすい立地、新築もしくは築浅、バス・トイレが別の3つです」

【住んでいる物件】
_kiinakoさんが住んでいるのは、神奈川県横浜市にあるワンルーム(8畳)の部屋です。近くには公園や保育園があって、日中、子どもたちの元気な声が聞こえます。穏やかな時間が流れて、住む人に安心感を与えてくれる街です。

「条件(立地、築年数、バストイレ別)にかなう部屋の中でも、今の部屋を選んだ理由は床が白だったことです。前に住んでいた部屋は床がダークな色でしたので、ずっと白い床にあこがれていました」

■目次
1.部屋づくりの過程
2.デザインは妥協せずに、飽きない物を選ぼう!
3.趣味や休日の過ごし方
4.これから部屋づくりを始めたい方へ

1.部屋づくりの過程

シンプルかつスタイリッシュな_kiinakoさんの部屋は、白と木とアイアンがバランスよく配置されています。面積の大きいマットレスやファブリック類を清潔感のある白に揃え、テレビ台やテーブルをアイアンと木の組み合わせにしています。違うブランドの物同士を合わせるなら、素材やテイストに重点を置いて選ぶのがポイントです。

部屋づくりの過程1:アイアン×木の家具を選ぶ

①大物家具を揃える
大物家具
すぐに取り出せるので、羽織る物やよく使う鞄などを掛けています。

最初に購入したのは洋服用のラックです。そのテイストに合わせるように、アイアン×木の家具をテーブル、テレビ台の順番で揃えていきました。玄関前の洋服用のラックは、秋口になってコート掛けがないことに気がついて、購入することにしたそうです。
必要なものから揃えた大物家具
最初に大きな家具を揃えていますが、まとめて購入するよりも生活の中で本当に必要な家具を見極めながら、足していくスタイルです。

見た目に美しい部屋が暮らしやすい部屋とは限りません。同ブランドの家具を一気に揃えても、サイズ感のミスマッチで使いにくい部屋になる可能性もあります。_kiinakoさんのように、ブランドがバラバラでも心から素敵だと思える家具を厳選して置けば、暮らしやすい部屋はつくれます。

部屋づくりの過程2:小物で部屋を飾る

アロマディフューザー

アロマディフューザーは、部屋のインテリアに馴染むところが気に入っています

お気に入りのインテリア

姉が使っているインテリアが気に入って、同じ物で違うサイズを購入しました。部屋の温度に反応して中の液体の状態が変化します。寒い時季には美しい結晶が見られます

天井から吊るしたドライフラワー
ドライフラワーを天井から吊るすことで、部屋に動きが出ます。

天井が高くて、部屋の上部が寂しいと感じていました。下に置くよりは上に置くほうが、掃除をするときに邪魔になりません

後の部屋づくり:DIY計画

今の部屋ではまだDIYをしていませんが、マットレスの横に壁紙を貼りたいと考えているそうです。サンプルを取り寄せている状況だと話してくれました。

コンクリートの打ちっぱなしのような雰囲気の壁にあこがれています。ベッド側の壁をDIYするなら、色は水色っぽいグレーです

2. デザインは妥協せずに、飽きない物を選ぼう!

_kiinakoさんが家具を購入するのはお店とネットの両方です。よく行くインテリアショップはB-companyとのこと。値段が手頃で利用する機会が多いと話してくれました。

『オシャレな家具が欲しいけれど予算は抑えたい』という、女性の一人暮らしにはピッタリのインテリアショップです
家具を選ぶときのポイントは、サイズとデザインです。模様替えをするのが好きなので、いろんなところに置けるサイズの家具が好みです。女性一人でも移動できるコンパクトサイズが多いです

デザインに関しては、一目ぼれがほとんどだそうです。_kiinakoさんは普段からインテリア雑誌やInstagram、インテリアショップなどを見てセンスを磨いています。インテリアショップの展示は、色合わせの参考になると教えてくれました。

似たような家具を見つけて悩むときには、デザイン重視です。デザインが気に入ったら多少値段が高くても、思い切って購入します

3.趣味や休日の過ごし方

お菓子づくりが好きな_kiinakoさん。1人のときにケーキをつくると食べきれないので、家族や友人が遊びに来る日を狙ってケーキを焼きます。

部屋で過ごすことが好きなので、休日は部屋にいることが多いです。部屋づくりをしたり、DVDを観たりしています

出かける日と決めているときには、友人との待ち合わせの前に美容院やインテリアショップをめぐるなど、1日をアクティブに過ごすそうです。

模様替えや部屋づくりも趣味の1つになっています。暇さえあれば、部屋をどうしようかと考えを巡らせています

4. これから部屋づくりを始めたい方へ

限られたスペースを快適に使うには、ある程度余分なスペースを残しておくのが大事です。自分の持っている物の量を把握してから、それに見合った家具を購入しま
デザインに関しては妥協しないことです。自分がいつみてもかわいいと思える家具を購入すれば、失敗しないと思います

部屋を3色でまとめるといいというアドバイスを耳にしましたが、_kiinakoさんは好きな3色を選べなかったと言います。その代わりに、家具のテイストを揃えることに重点を置きました。

最初にルールを決め過ぎないほうがいいかもしれません。何となくイメージを持ちながら、それに馴染むような物を選んでいったほうが、つくりやすいと思います

※_kiinakoさんのインスタグラム

アカウント名:_kiinako
お気に入りの1枚

収納がない部屋や日当たりが悪い部屋に住んでいる人が、暮らしやすくなるヒントを発信しています

昔は日当たりの悪い部屋が嫌だと感じていた_kiinakoさんですが、今は工夫しながら暮らすことが楽しいと笑顔で話してくれました。
_kiinakoさんのInstagramを見る

一人暮らし(単身)にぴったりな間取りを見る

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.