大人なインテリアを目指すならワンカラ―でまとめたグレーインテリア

グレーというと、コンクリートなど無機質な素材を連想させることから、“さみしい”、”地味”といった印象を受けることもありますが、実は、自己主張せずどんな色とも馴染む「調和の色」です。

周囲の色を引き立たせ、静かで落ち着いた雰囲気を感じさせてくれることから、とてもインテリア向きなカラー。白に近いグレーを選べば、寒々しさも軽減され、明るく温かみのある印象になります。

今回は、シンプルだけどクール過ぎず、落ち着いた大人の女性にぴったりなグレーインテリアの作り方を紹介します。

■目次
1.グレーインテリアの特徴
2.スタイリングのポイント
3.グレーインテリアを叶える家具・インテリア雑貨
4.まとめ クール過ぎない絶妙な配色!落ち着いた雰囲気が魅力のグレーインテリア

1.グレーインテリアの特徴

グレーインテリアの特徴

かっこよさが際立つ男性的な雰囲気のモノトーンインテリアに比べ、あたたかみが感じられる女性的な雰囲気が特徴のグレーインテリア。
同じグレーでも、明度により印象が変わります。
明度が高い白に近いグレーは明るくやわらかな印象になり、明度の低い黒に近くなると重厚感のある落ち着いた印象を与えます。
同じグレーでも、明度の異なるグレーをどのように組み合わせるかによって、部屋のイメージが変わってくるでしょう。

2.スタイリングのポイント

配色:ベースカラーとなる、床・壁・天井は白。
ソファやラグなど床・壁・天井に次いで広い面積を占めるアイテムをグレーのワントーンで統一。
ランプや小物家具、インテリア雑貨など居室のアクセントとなる小物アイテムには黒を選んで空間にメリハリをつける。
グレーインテリアの色使い上品で洗練されたグレーインテリアをつくるには、配色が大切です。
白と明るめのグレーだけだとぼやけた印象になるため、黒の小物を差し色として使い空間全体を引き締めます。

家具や雑貨のテクスチャ:“人工的な素材”と“柔らかい素材”という相反するテクスチャをあえて組み合わせ、空間にリズムをつくる。
シンプルな配色のグレーインテリアカラーが白・黒・グレーと3色でシンプルな分、家具や雑貨のテクスチャで空間にアクセントをつけるのがグレーインテリアのポイント。
メラミンやアクリル、ガラスなど人工的な光沢があり、硬質なイメージの家具や雑貨と、手触りの柔らかいシャギーファブリックなどの相反するテクスチャを組み合わせることで、無機質になりすぎず心地よいこなれた空間を演出できます。

3.グレーインテリアを叶える家具・インテリア雑貨

〈インテリアの主役となるグレーのソファ〉
グレーのソファー居室の中で広い面積を占めるソファは、インテリア全体の雰囲気を左右するアイテムです。
グレーインテリアの一歩として、まずはどんな色にも馴染むグレーのソファを置いてみましょう。

ソファの一覧

〈モダンな白のローテーブル〉

モダンな白のローテーブルシンプルな白のローテーブルと、グレーのソファとの組み合わせは相性抜群!
まるでホテルのように洗練された、おしゃれでスタイリッシュな雰囲気を演出できます。

ローテーブル・センターテーブルの一覧

〈モノトーンのクールな空間に甘さを足してくれる優しい手触りのファブリック〉
グレーのファブリックモノトーンでまとめられたクールな居室に、相反するイメージのやさしい手触りのファブリックをプラスし、空間にメリハリをつけましょう。
温かで落ち着いた雰囲気を感じさせてくれるやわらかな質感は、ファブリックを選ぶ際の大事なポイント。

ラグ・クッションの一覧

〈空間を引き締める黒ぶちのフレーム〉
明るい色だけだと、ぼんやりとした印象になります。アクセントに黒のインテリア雑貨をプラスし、空間を引き締めましょう。
黒縁のフレームは取り入れやすく、サイズもバリエーション豊かなので、居室の広さやテイストに合わせて選ぶことができます。

アートパネル・フレームの一覧

4.まとめ クール過ぎない絶妙な配色!落ち着いた雰囲気が魅力のグレーインテリア

落ち着いた雰囲気のグレーインテリアグレーインテリアはシンプルだけどクール過ぎず、落ち着いた大人の女性にぴったりなインテリアです。どんな色とも合わせやすいので、手頃なアイテムから1つずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

登場したアイテム
LIFULLインテリア

一人暮らしにぴったりな部屋を探す

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.