見せるキッチン収納のポイント!おすすめの収納グッズを紹介

キッチンには、食材やキッチンツール、カトラリー、調味料など、様々な物がたくさんあります。キッチンの収納スペースは限られているため、機能的な収納の考え方が必要です。

収納の基本は、棚や引き出しの中に収納することですが、それでも物が溢れてしまうときは「見せる収納」によって見た目も楽しく整理することができます。

キッチンで見せる収納ができると印象も変わりますし、料理も効率的に行えるようになります。

今回のテーマはキッチン収納、その中でも「見せる収納」に焦点を当ててご紹介します。

■目次
1. 見せるキッチン収納のポイント
2. キッチンツールを見せる収納
3. キッチン収納グッズの紹介
4. まとめ 見せる収納で快適なキッチンづくりを

1. 見せるキッチン収納のポイント

キッチンには調理器具や食器、調味料など必要な物で溢れており、それらすべてを収納するスペースがなかったりします。特に調理に必要な器具や利用頻度が高いものなど、収納することで使い勝手が悪くなってしまう場合もあります。

キッチン収納は、外に出して見せることも大事なポイントです。

ここでは、見せるキッチン収納のポイントをご紹介します。

収納するときは、同じ用途の物を同じ場所に

オシャレなキッチン
キッチンで収納するアイテムは大きく分けると、「食器類」「調味料類」「調理器具」に分けられます。

同じような用途の物をバラバラに収納すると、実際に使うときに使いづらくなります。

キッチンは料理をする場所であり、そのことをイメージして物の置き場を機能的にしておくのが良いでしょう。

置き場を用途ごとに分けて置くと、料理をするときに楽になり、時短にもつながります。

同じ容器、収納ツールを使用して統一感を出す

キャニスターを使用した収納
食材や調味料をオシャレに収納してくれるキャニスター。

キャニスターとは、緑茶や紅茶などの茶葉やコーヒー豆を入れる際などに使う、蓋がついた容器です。
しっかり密封することができ、湿気を防ぐ効果があります。

調味料を保存するときに大切な収納ツールですが、調味料ごとに違う形の物にしてしまうと、キッチンの見た目はちぐはぐな印象を与えてしまいます。

見せる収納は同じ系統の物を揃えることがポイントの一つです。

統一感を出せばキッチンの雰囲気がグッと良くなります。
整理された食器棚
収納とは別ですが、カトラリーや食器類もなるべく統一しておくと、見える場所にあってもオシャレでまとまった印象を与えることができます。

部屋づくりに限らず統一感を出すことは、キッチン収納をする上でも大切なポイントです。

収納ケースをオシャレに

カトラリーやキッチンツールをまとめて置いておくときに、バスケットやケースを利用することもあると思います。その入れ物をオシャレなものに変えると、見せる収納の印象も良くなります。
バスケットを収納に
さらに、キッチンの雰囲気と合わせながら収納ケースを選ぶと統一感も出て、よりオシャレなキッチンをつくれます。
シックな感じのキッチン
シックな感じのキッチンにしたければ、黒を基調とした収納ツールを使うと引き締まった印象になります。

反対に、ポップな感じにしたければ淡いブルーや黄色、ピンクなどの収納ツールを使うと明るく柔らかい印象を与えられます。

自分好みのキッチンをつくることができれば、毎日の料理も楽しくなりますよね。

2. キッチンツールを見せる収納

調理器具は壁掛けで見せる

おたまやフライ返し、泡立て器など、料理に使うアイテムはたくさんあります。

料理するときに使用するアイテムを壁掛けにすれば、まとめて省スペースに収納することができます。
収納スペースを有効活用
一つのケースに一緒に収納すると、いざ使うときに取り出しにくかったり、見つけにくかったりと使いづらくなります。

毎日料理する方は、なるべく労力を減らせるように収納場所を見直すことが大切です。

さらに、同じ用途の物を同じところに並べておけば、見た目にも綺麗ですし、統一感が生まれます。

食器も並べて棚に置く、掛ける

キッチン収納は、狭いスペースに食材や食器、調理器具などを置かなければなりません。
収納棚を増やす
そのため、備え付けの棚だけではすぐにキャパシティを超えてしまうこともあります。

食器は食器棚だけではなく、壁の棚に置いて収納するのもポイントの一つです。
使用頻度の高い物に関しても、壁掛け収納を利用することなどがポイントとなります。

同じ種類の食器を統一すれば、それだけでオシャレなインテリアにもなります。

3. キッチン収納グッズの紹介

機能的にも便利なディッシュスタンド

洗った食器の置き場も見せる収納にすることができます。
シンプルなディッシュスタンド

出典: Re : CENO

 

こちらのディッシュスタンドは、水切り場に最適なサイズの収納ツールです。

色々なサイズのお皿を、ディッシュスタンドにさっと収納できる手軽さも便利です。

こちらは収納タイプのディッシュスタンドで、他のお皿と並べて置いておくことができるので、省スペースでお皿を綺麗に収納することができます。
ディッシュスタンドを並べで活用

出典: Re : CENO

 

吊り下げ収納ツール

戸棚の下にツールを吊り下げて収納することは、定番のキッチン収納です。
戸棚を有効利用した収納

出典: Re : CENO

 

戸棚下ツールハンガーは、戸棚を有効利用して、収納ができなかった空間にキッチンツールを収納できるのが特徴です。

こちらのツールは、壁などの平面ではなく、戸棚に向かって奥行きのスペースを利用するので縦にキッチンツールを置くことができます。

キッチンの空間を利用する収納は、普段デッドスペースになっているところを有効活用できるのもポイントです。

カフェ風ガラスケースでオシャレに収納

ガラスケースを利用して棚に入れた状態で見せながら収納できます。
調味料などをディスプレイ

出典: LIFULLインテリア

こちらのガラスケースはカフェに置いてあるような雰囲気の収納ケースで、キッチン周りの小物やツール、調味料などをディスプレイとして収納ができます。

こちらのガラスケースは前後どちらも開くようにできているため、ダイニング側だけではなくキッチン側からも収納したアイテムを取り出せるので機能的にも良い収納ツールです。

収納だけでなくディスプレイとしても利用できるのがポイントで、カフェ風のキッチンづくりをしたい人におすすめです。

キッチンラック

調味料用の収納ラックは、小さいキッチンでも調味料を機能的に収納することができます。
コンパクトサイズのキッチンラック

出典: Re : CENO

 

こちらのキッチンラックはコンパクトサイズなので、ワンルームや1Kの狭い場所にも置くことができます。利用頻度の高い砂糖や塩などを置くと料理も効率的に行えます。
デザイン性のあるキャニスター

出典: Re : CENO

 

見せる収納であれば、キャニスターにもこだわって、可愛いらしい物やスタイリッシュな物にしてみましょう。自分の好みに合わせてキッチンをデザインするとオシャレさをさらに演出することができます。

4. まとめ 見せる収納で快適なキッチンづくりを

キッチン収納は、ワンルームや1Kの狭いスペースでも収納の仕方を見直せば、機能的な収納ができます。
その中でも見せる収納は、デザインや収納の工夫でオシャレさを演出することもできます。

キッチン収納を効率的に行えると、料理の時短にもなりますので、キッチン収納は手を抜けないところです。

今回のご紹介した内容を参考に、見せない収納と見せる収納をしっかりと考えながら、快適なキッチンづくりをしましょう。

キッチンスペースも、部屋づくりの一環としてオシャレな演出を楽しんでみてはいかがですか。

登場したアイテム
Re:CENO
LIFULLインテリア

一人暮らし(単身)にぴったりな間取りを見る
憧れのカウンターキッチンがある部屋を探す

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.