洗練された雰囲気の中で生活を!モダンインテリアの魅力

憧れの都会暮らし。もう住んでいる人も、これから住みたいと思っている人も、まずは部屋の中から始めてみてはいかがででしょう。

洗練された空間で生活したいと考えているならば、モダンインテリアを活用した部屋づくりをしてみましょう。

モダンインテリアの直線的でシャープなデザインは生活に張り合いを与えてくれます。今回は、そのモダンインテリアについて、カラー、デザイン、魅力、配置、配色のコツ、実例についてご紹介します。
■目次

1. モダンインテリアについて
2. モダンインテリアの魅力
3. モダンインテリアの実例
4. まとめ

1.モダンインテリアについて

モダンとは、近代的という意味を持つ言葉です。モダンインテリアには特に定義が無く、その時々の風潮や流行りによりスタイルが変化します。代表的なモダンインテリアは、シャープで直線的なデザイン、光沢のある金属的な素材、ガラス等の素材を使用しています。カラーは、モノトーン系(黒・白・グレー)のインテリアを組み合せたアレンジが一般的です。これらのインテリアを使い、シンプルにまとめたスタイルをモダンスタイルと総称しています。近年では、天然の木材の質感を活かしたナチュラル系のインテリアを取り入れたアレンジもナチュラルモダンとして注目されています。

カラー

モダンインテリアは主に、モノトーン系のカラーを使います。モノトーンという言葉の意味は、単色、白黒等の意味があり、一般的には白黒という意味で使われています。この色の組み合わせは、インテリア以外にも、ファッションで多く使われています。黒を基調とする場合は、同系色のグレー、白を基調とする場合は、同系色のベージュ(ライトブラウン)等を使うことで調和のとれた配色することが可能です。

ただし、このモノトーン系のカラーは使い方が難しく、配色、配置の際は、バランスを考慮するのがポイントです。

デザインと材質

インテリアのデザインについては、シャープで直線的なデザインとなっており、それがシンプルでスタイリッシュな室内を演出します。また、材質は、ガラス、金属等を使用し生活感が少ない、近代的なイメージを演出します。

2.モダンインテリアの魅力

モダンインテリアは、そのデザイン、材質・カラーが合わさることで、オシャレな空間を作りだします。モノトーンカラーの効果としては、上品でシックなイメージを演出し、洗練された落ち着いた空間を作ります。黒は高級感を連想させ、白は清潔感を与えさわやかな印象になります。また、白黒にグレーを取り入れることで柔らかいイメージになります。

これらの色彩が生み出すスタイリッシュな空間は、モダンインテリアを使用した空間の魅力といえます。余計な配色のない空間は普段忙しく働く方にとっては落ち着く空間となるのです。

3.モダンインテリアの実例

モダンインテリアで室内をコーディネートするコツは、素材、カラーをバランス良く配置することです。具体的な室内のイメージをご紹介させていただきます。

モダンインテリアを使うコツ

  • 材質にこだわる
  • デザインは直線的なもの
  • 色調のバランスを考える
  • アクセントカラーを入れる
材質にこだわる

金属的な光沢のある材料を使ったインテリアがおすすめです。また、ガラス等でできたインテリアもシャープなイメージになります。

デザインは直線的なもの

デザインは、直線的なインテリアがシャープなイメージを演出するためおすすめです。

色のバランスを考える

黒・白・シルバー等を使ったモノトーン系のインテリアを選ぶことで、清潔感のあるシックで落ち着いたイメージを演出できます。また、色調を変えたり、ベージュ(ライトブラウン)、ブラウン等のナチュラル系の同系色を使ったインテリアを選ぶことで、温かみのある室内にすることが可能です。

アクセントカラーを入れる

同系色の中に、アクセントカラーを入れることで、バランスの良い雰囲気を演出することが可能です。

白を基調とした実例

白一色で清潔感と明るさに特化

出典: LIFULL HOME’S リノベーション

モダンスタイルでは基本のカラーとなる白を基調とした実例です。白は、清潔感を周囲に与えます。デザインは、直線的なインテリアを多用し、材質は、ガラス、金属的な光沢のあるものを採用することで、より洗練された空間を演出することも可能です。

白とグレーを基調とした実例

同じグレーでも色調を変えればイメージが変わります

同系色のグレーを基調としたインテリアを配色した実例です。色調が異なるグレーを使うことで、柔らかいイメージの室内を演出することが可能です。

アクセントの黒が落ち着いた空間になる

同系色のグレーとアクセントに黒を使用した実例です。明るいグレーを基調としたインテリアで全体的に柔らかいイメージを演出し、アクセントに黒が入り落ち着いた空間を演出しています。

植物をおくことで柔らかいイメージも

白とグレーを基調としたインテリアを配置した実例です。バランス良く配色することで、モダンなイメージを演出することが可能です。グレー系の配色を多く使うことで落ち着いた雰囲気を演出しています。植物を追加することでその雰囲気を崩さず、柔らかさも出すことができます。

白と黒を基調とした実例

スタイリッシュなラグ模様

黒と白をバランス良く配置した実例です。有彩色では派手になりがちなデザインも黒と白だとスタイリッシュなデザインに見えます。光沢のある大理石のテーブルが高級感のある空間に仕上げてくれています。

白黒はっきりした色合いでキリッとした印象に出典: LIFULL HOME’S リノベーション

床と壁を白に、机、椅子を黒でまとめた実例です。直線的なアイテムを使うことで、スタイリッシュな空間を演出します。

白と黒を基調とした北欧系

虚飾を排した北欧風と相性がいい

白と黒を基調とした配色に、ポイントとして木の椅子を配置した実例です。北欧諸国では、長い冬を、室内で長時間過ごします。このため、室内で快適に過ごしたいという思想から、装飾が少なく機能美のある家具が使われてきました。アクセントとして北欧風のラグ(マット)や家具を配置することで、北欧風とモダンデザインのバランスの良い空間に仕上がります。

ナチュラル系

ナチュラルな木のアイテムとのデザインも合う

モダンインテリアの基本的なカラー、白とグレーに加え、ナチュラル系のカラーであるベージュ(ライトブラウン)系のインテリアを配置した実例です。ナチュラル系カラーであるベージュ(ライトブラウン)を配置することで、室内に温かみが生まれます。モノトーン系のモダンデザインに加え、ナチュラルさを加えることで、洗練された新しいモダンデザインを作りだすことができます。

アイテム

テーブル

ガラス天板のテーブルはシンプルさと高級感がでます

出典: LIFULLインテリア

室内のアクセントとなるテーブルは、シャープで直線的なデザインがおすすめです。また、材質は、金属のような光沢のある材質や、ガラスを使用したデザインがシンプルさを演出するためおすすめです。

ソファー

テーブルと同様に、室内のポイントとなるソファーもモダンインテリアには欠かせないアイテムです。色としてはグレー系がおすすめです。グレーは、黒、白系の両方に相性の良いカラーですので色同士が喧嘩せず落ち着く色合いになります。

アクセントになるパステル系のカラー

アクセントカラー次第でスタイリッシュでありながら生活感も出せます

パステル系のカラーや、観葉植物の緑を入れることで、無機質な空間にアクセントを付けることが可能です。モダンデザインを壊さない程度のアクセントを入れて、洗練されたイメージの中に少し生活感のある空間を作りだしてみましょう。

4.まとめ

今回は、モダンインテリアについてその特徴、魅力、実例をご紹介させていただきました。モダンインテリアは、モノトーン系のシックな色使いと、シャープで直線的なデザイン、光沢の多い材質を使うことで、室内をシンプルで居心地の良い空間を作り上げることが可能です。家を新築する場合や、リフォームの際には、モダンインテリアイメージの室内に仕上げてみるのもおすすめです。モダンインテリアに仕上げるポイントは、シンプルな色使いと、シンプルなデザインのインテリアを使い、収納にも気を配り余計な物を置かないのが良いでしょう。

事例紹介
株式会社クラフト
SHUKEN Re(シュウケンアールイー)

登場したアイテム
LIFULLインテリア

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.