もっと楽しみたい!愛猫と暮らすインテリア

大人気の猫。可愛い姿やしぐさに加えて、散歩が必要ないことや鳴き声が小さいことなどから、2017年には犬の飼育数を上回るほどになりました。愛猫と楽しく快適に暮らすためには、人も猫も居心地のよいインテリアを考える必要があります。今回は、すでに猫との暮らしを楽しんでいる人、これから猫を飼いたいと思っている人に、猫と暮らすインテリアについて紹介します。

人も猫も幸せになるインテリア

人も猫も幸せになるインテリア

猫と一緒に暮らしたいけど、猫がいると床や家具が傷んでしまうのではないかと、不安になる人もいるのではないでしょうか。猫との暮らしにおけるインテリアを考えるときは「猫の習性」を知ることが大切です。猫の習性を理解し、インテリアに生かすことができれば、その不安はかなり解消されます。

大事な猫の習性は爪とぎ

まず、猫の習性で思い浮かぶのは「爪とぎ」。これは、猫がリラックスして過ごすためには大事な習性です。とはいえ、部屋やインテリアを傷つけられるのも困ります。まずは、決めた場所に爪とぎを置き、安心して爪とぎができる環境を整えましょう。インテリアを守る工夫も大切。床や壁に貼る、市販の爪とぎ防止の保護シートがおすすめです。表面がツルツルしているので、猫も爪とぎを諦めます。インテリア性を考えると透明なシートが良さそうです。

猫のトイレ

猫は基本的にきれい好き。「トイレ」も気になることのひとつです。清潔で出入りが少ない静かな場所が理想的です。ニオイ対策として、風通しが良く換気ができる場所にしましょう。使いやすいトイレを準備してあげれば、粗相することも減り、結果、インテリアをダメにしてしまうこともありません。また、「食事」に関しては、少量ずつ複数回に分けて食べるという猫独特の特徴があります、それを考えると、食事の場所は出しっぱなしにできる所へ。トイレも食事もきちんと整えてあげれば、猫のストレスも減り、インテリアにいたずらすることも減りそうです。

猫は高いところが好き

他にも、「高いところが好き」「大半を寝て過ごす」といった習性があります。高い部分にある収納は、傷つけられることがないように、空けておく方が良さそう。その方が猫も自由に動き回ることができ、ストレスなく過ごせます。

インテリアに馴染むキャットタワーアレンジ

インテリアに馴染むキャットタワーアレンジ

外で自由に過ごすイメージがある猫ですが、最近は室内飼いが推奨されています。そのため、運動不足を防ぎ、ストレスを感じないためには、十分に動き回れる環境が必要です。高い場所が大好きな猫のために、昇降運動ができるように、キャットタワーや登り木を置いてあげると良いでしょう。心がけることは、平面的な広さだけでなく、上下にも動けるスペースを作ること。キャットタワーは運動だけでなく、くつろいだり、来客から隠れるなど色々な使い方ができます。

キャットタワーはペットショップやホームセンターでも買うことができますが、デザインの選択肢はそれほど多くありません。好みのものがなければ、好みのキャットタワーを作るという手もあります。壁にキズをつけることなく取り付けることができるウォールシェルフを複数用意するだけでも、立派にキャットタワーの代わりになります。また、空っぽの収納も猫にしてみれば魅力的なキャットタワーです。好みのデザインのシェルフなどを猫用に準備すれば、インテリアにも馴染みやすいはず。

リノベーションや家の建設を考えるなら、あらかじめ猫が楽しめるような工夫を。キャットタワーだけでなく、ところどころに猫が落ち着いて隠れることができる場所を作ってみてはいかがでしょう。後付けではないので、好みのインテリアにぴったりのものを作ることができます。

猫と暮らすインテリアをデザインした例出典:LIFULL HOME’S リノベーション

リノベーションで猫と暮らすインテリアをデザインした例。キャットタワー代わりに交互に棚を作り、上った先にあるリビング上部のキャットウォークは一周回れる作りになっています。こんなインテリアなら猫たちも楽しく過ごせそう。

猫がゆったりと過ごせるインテリアアレンジ

猫がゆったりと過ごせるインテリアアレンジ

猫は基本的に群れない動物で、ひとりで過ごす時間が大好き。また、一日の大半を寝て過ごすので、静かに過ごせる居場所を作ってあげましょう。まずはひとつ、ベッドを用意して。猫は日光浴や窓から外を眺めるのも好きなので、日当たりが良い窓際にベッドを置いてあげると良いでしょう。

籐のカゴにクッションを敷した猫用ベッド

ベッドは猫用のものでなくても、居心地の良いものであればOK。例えば籐のカゴにクッションを敷くなどするだけでも、十分にベッドとして活用できます。古くなったトランクに毛足の長いマットやクッションを敷いたり、ワインの木箱を猫用のベッドに使ったりしても、インテリアとしても素敵なベッドに。工夫して好みのインテリアに合うようにDIYするのも楽しそうです。夏はクールマットを敷いたり、冬はベッドの下に一枚毛布を敷いてあげるなどの思いやりを忘れずに。

冬使用の猫用ベッド

ベッドだけでなく、家の中にいくつか休める場所があると猫には嬉しいもの。インテリアに合わせたパーソナルチェアや、インテリアショップに人形用として売られている家具を工夫すれば、素敵な居場所に。

猫との暮らしもインテリアも楽しんで

猫は自由気ままなようですが賢いので、環境をきちんと整えてしつけをすれば、インテリアを傷つけることもなく、楽しく共同生活ができます。インテリアにも工夫をして、猫との暮らしを楽しんでください。

事例協力
阪急阪神不動産のリノベーション Reno-Bloom

 

大好きな愛猫と一緒に暮らしたい方は

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.