南国観葉植物で、自宅のインテリアをリゾートスタイルに

夏本番、南国リゾートの雰囲気をインテリアに取り入れてみてはいかがでしょう。南国というと、欠かせないのが観葉植物。南国観葉植物の飾り方やモチーフを使ったインテリアで、自宅を南国リゾートスタイルに近づけてみましょう。ここでは南国観葉植物を使ったインテリアアイディアを紹介します。

1.リゾートインテリアにおすすめの南国観葉植物

リゾートインテリアにおすすめの南国観葉植物

南国観葉植物の代表格は、海をイメージさせる「ヤシ類」。ヤシ類は、様々な種類やサイズがあることも嬉しいポイント。ヤシ類というと背が高いイメージですが、テーブルヤシやココヤシといったミニサイズの観葉植物も売られているので、自宅のインテリアに合わせてサイズを選ぶことができます。

エキゾチックな雰囲気を出したいなら、見た目に個性的な「モンステラ」がいいでしょう。モンステラは葉に深い切れ込みがあり、ユニークな葉形が特徴です。モンステラデリシオーサのような大型のものから、ヒメモンステラと呼ばれる小型のものまでサイズが豊富。モンステラの特徴は見た目のインパクトだけでなく、その生命力です。水分コントロールに優れているので、乾燥に強く、初心者にも育てやすい南国観葉植物です。

グリーン以外の色の南国観葉植物を選びたいときは「アンスリウム」を。アンスリウムは光沢のあるハート型が特徴的で、赤、白、ピンクや紫などカラーバリエーションが豊富です。サイズも色も豊富なので、インテリアアレンジも楽しめそう。

2.南国観葉植物をリゾート風に飾る

南国観葉植物をリゾート風に飾る

南の国を連想させるヤシの木などの観葉植物は、まさにリゾートインテリアの主役。リゾート風のインテリアにしたいけれど、大掛かりな模様替えや、家具の買い直しは難しい。そんなときは、南国観葉植物を飾るとリゾートの大らかな雰囲気と開放感を表現できます。

まずは背が高いものや、葉が大きいなどインパクトのある大きめのものを飾ってみましょう。これが部屋のシンボルのような存在となり、空間を引き締めてくれます。部屋の中に大型のものを飾るときは、窓側や部屋の角、家具の間などのブランクを埋めるような場所に。

中型から小型の南国観葉植物を飾るときのポイントは、部屋の中にシンメトリーに配置してみてください。シンメトリーに飾ることで、きちんとした雰囲気を出すことができ、リゾートホテルのような空間を演出できます。部屋のバランスが良く見える効果も。例えば、テレビ台の左右に飾るなどするのがおすすめです。小型のものは床に置くと視線が届かないので、台の上に乗せて飾るなどの工夫を。

玄関に大きめの南国観葉植物を飾れば、外から帰ってきたときにグリーンが目に飛び込んできて、南国リゾート来たかのような気分に。マンションの玄関などの限られたスペースには、少し小さめで葉が広がらないタイプのものを選ぶと良いでしょう。

3.南国モチーフをプラスしてインテリアコーディネート

南国モチーフをプラスしてインテリアコーディネート

南国観葉植物と南国モチーフのアイテムを一緒にコーディネートすると、よりリゾートの雰囲気が増します。

例えば「パイナップル」。夏はファッションや雑貨にも人気のパイナップルモチーフですが、インテリアに取り入れてコーディネートすると、そのトロピカルなイメージから空間が南国リゾート風に。他にも、ヤシの木や色鮮やかなピンク色のフラミンゴ柄なども、おすすめのモチーフです。

リビングなら、南国観葉植物とともにクッションカバーやラグ、スリッパに南国モチーフを取り入れてみて。ダイニングなら、ランチョンマットや食器などのテーブルウェアもいいでしょう。南国モチーフのポスターやファブリックを額に入れて飾るのも手軽にできるアレンジです。大きな家具を変えなくても、植物と南国モチーフの効果でリゾートスタイルに。

大胆に取り入れるなら、南国モチーフのウォールペーパーを貼ってみるのもいいでしょう。面積が広い部分にモチーフを取り入れることで、雰囲気が作りやすくなります。模様が大きい方がインテリアがリズミカルになります。

リゾート気分で過ごせるインテリア

夏にぴったりのリゾートインテリア。南国観葉植物やモチーフをうまくアレンジして、夏らしい部屋づくりを楽しんでください。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.