油断大敵!春から始めたい紫外線対策

天気が良くても夏に比べると日差しが弱いこの季節。まだ冬のつもりで紫外線対策がおろそかになっていないでしょうか。実は、紫外線量は、3月~4月頃から増え始め、注意すべき量になってきていますうっかり対策をせずに外出してしまい、気づかないうちに肌へのダメージを受けていたなんていうことも。ここでは春からしっかり取り組みたい紫外線対策を紹介します。

1.春に選びたい日焼け止め

春に選びたい日焼け止め

紫外線量の増え始める春は、UVケアに力を入れたい時期です。春の紫外線は肌の大きなダメージにつながります。

紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類があります。春に非常に多くなるのはUVAと呼ばれる、全紫外線の95%を占めるもの。一般的に「日焼け」と呼ばれる現象を引き起こすのはUVBの方ですが、UVAで、肌に大きなダメージを与えます。UVAは浸透力が強く、肌の奥の真皮層まで到達します。その結果、ハリや弾力の元となる組織細胞を破壊したり、メラニン色素を増やしてシミの原因を作ってしまうのです。

UVAのダメージを防ぎたいのならば、日焼け止めをこまめに塗るのが効果的です。日焼け止めに「SPF」「PA」と表記してあるのを見たことがありますか?「SPF」はUVBを防ぐ指標、「PA」はUVAを防ぐ指標を表しています。この「PA」が肌の老化の元となるUVAを防ぐ能力を表しています。SPF値に目が行きがちですが、春に日焼け止めを選ぶ際は、しっかりPA値のあるものを選ぶことが大切。

最近では、メイクの上から使うことができるスプレータイプやパウダータイプの日焼け止めも売られています。こういったものを使えば、外出先での塗り直しも手軽にできます。

2.アフターケアもしっかりと

アフターケアもしっかりと

受けた紫外線のダメージを最小限にするには、しっかりアフターケアすることが重要です。紫外線を浴びた肌には保湿や水分補給が大事ですが、体の内側からアプローチするアフターケアも効果的。

紫外線による肌ダメージに効果がある栄養素を食事で摂ることで、肌の回復を早めます。ビタミンA・C・Eは、肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーをうながし、シミやしわの原因となる活性酸素をおさえる抗酸化作用があります。

「トマト」はビタミンA・Cを多く含んでいます。ビタミンEが豊富なゴマのドレッシングやアボカドやナッツ類と一緒にサラダにしていただくのもいいですね。

ただし「食べるタイミング」には注意しましょう。なぜなら果物や野菜の中にはビタミンA・C・Eとともに紫外線を吸収しやすい成分を併せ持つものがあり、これらを朝に食べることはおすすめできません。代表的なのはグレープフルーツやレモン、オレンジといった柑橘類。セロリやキュウリといった野菜も摂取する時間には注意しましょう。

3.グッズを上手に使って紫外線対策

グッズを上手に使って紫外線対策

急いで家を出たら、日焼け止めを塗り忘れてしまった!そんな時にも対応できるように、持ち歩きやすい紫外線対策グッズを鞄に入れておきましょう。

衣料品や雑貨を扱う店には、コンパクトで軽く携帯に便利な紫外線対策グッズがたくさん売られています。一般的な日傘や帽子だけでなく、UV加工のカーディガンやストールも使いやすいアイテムです。生地そのものにUV加工が施されているので、さっと羽織るだけで安心。これからの時期には冷房対策にも使えるのでおすすめ。

また、見逃してしまいがちなのが眼から入ってくる紫外線。眼から入った紫外線が原因でメラニン色素が生成され、日焼けの原因になることもあります。これを防ぐのがUVカット機能のある眼鏡やサングラス。デザイン性だけでなく、UVカット機能があるものを選んでください。

日焼け止めを塗ることは少なからず肌に負担がかかります。こういったグッズを上手に使って、肌への負担をなるべく減らし紫外線対策を行いたいものです。

春の紫外線は肌の大敵

暖かくなり、外出の機会も増える春。また、家の中にいても、日差しの温もりが感じられる窓辺などにいることが増えてきます。春の紫外線を受けてしまうと、肌老化が加速してしまう恐れが出てきます。紫外線対策をしっかりしましょう。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.