家でも使いたい!万能アウトドア家具3選

春はキャンプやバーベキューなど、アウトドアの季節。家族や仲間と集まるのも、お庭やバルコニーに出てひなたぼっこや読書も楽しい時間です。今回はアウトドアだけではなく、家の中でも活躍する家具を3つ紹介します。

1.大きさや素材が豊富なアウトドアチェア

大きさや素材が豊富なアウトドアチェア

 アウトドアチェアは、キャンプやバーベキュー、ピクニックの時の必須アイテム。おしいしい料理を食べたり、星空や景色を楽んだりお昼寝をする時に使えます。

アウトドアチェアは、大きさや素材の種類が豊富にそろっているので、シーンに合わせたものを選びましょう。

バルコニーやリビングでのくつろぎタイムに使うなら、座面が安定し、座り心地が良いリラックスできるものがおすすめ。

最近流行しているロースタイルキャンプの人気をうけて、チェアもロースタイルが人気です。木製のフレームと帆布のチェアであればナチュラルなインテリアとして部屋の雰囲気にもマッチします。ゆったりと脚を伸ばして、部屋でくつろぎましょう。

また、ひじ掛けや、リクライニング機能が付いたものもあるので、選ぶときは実際に座って確かめてみたいですね。

2.屋外にも置ける飾り棚で、ガーデニングを楽しむ

屋外にも置ける飾り棚で、ガーデニングを楽しむ

ぽかぽか陽気になってきたら、ガーデニングや土いじりを楽しみたいもの。収納ツールとして売っている「棚」は、水気や直射日光に耐える素材のものを選べば、屋外で使うことができます。

スコップやじょうろなどガーデニングツールを置いたり、お花や植木を飾る棚として使うのも素敵ですね。棚にたくさんの植物を置いて「段々ガーデン」を作ってみるのはいかがでしょうか。

シックでかっこ良い雰囲気にしたいなら、アンティーク調のアルミ製を。アルミ素材は重量感のあるデザインのわりに本体は軽く、さびの心配が少ないのも嬉しいポイントです。

木製ならチーク材がおすすめ。チーク材は、船のデッキ材に使用されるほど水分や塩分に強いので、ガーデンファニチャーにぴったりです。光に当たることで、グレー系の色合いへ徐々に変化し深い味わいも生まれます。

収納ツールとして使うのもいいですが、お部屋の窓越しに設置して、季節のお花や植木鉢などを並べて楽しむのも良いですね。

3. お庭やリビングでも使えるベンチ

お庭やリビングでも使えるベンチ

晴れた日の昼下がりには、お庭やバルコニーにベンチを置いて、自分の時間を堪能してみてはいかがでしょう。ベンチなら2~3名掛けのものが多いので、座面が広くゆったりとくつろぐことができます。友達を招いて、バーベキューやティータイムを楽しむのもいいですね。

折りたたみ式や軽量タイプを選べば、大人数のお客様が来ても、リビングに移動すればダイニングチェアに早変わり。1つ持っておくと便利なアイテムになりそうです。座面の下に大容量の収納がついているタイプのベンチもあるので、普段は使わないものを収納しておくのも便利です。

アウトドア家具を取り入れて楽しいひとときを

暖かくなり、陽の光が気持ちの良い季節がやってきます。ぽかぽか陽気の下で、家族や仲間と過ごしたり、一人でゆっくり過ごすのもいいですね。そんなときに便利な、室内屋外のどちらでも使えるアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.