賃貸でもできる!引っ越し後にやりたいカーテンアレンジ

カーテンは、部屋のイメージを大きく左右するインテリアアイテム。賃貸の場合は大胆な部屋のイメージチェンジは難しいかもしれませんが、カーテンなら手軽に部屋の雰囲気を変えることができます。しかし頻繁な買い替えは難しいため、引っ越しの時こそ見直しがおすすめです。今回は、引っ越し後にやりたいカーテンアレンジを紹介します。

1.カーテンの測り方は基本をおさえて正確に

カーテンの測り方は基本をおさえて正確に

カーテンの購入前には、カーテンのサイズを正確に測っておくことが大切です。

簡単に測るなら、フック付きのメジャーを手に入れましょう。フック部分をレールのキャップの輪に引っかけて測ることができます。カーテンを扱うインテリアショップには、持ち帰ることができるフック付きのメジャーが置いてあることが多いので一度訪れてみてはいかがでしょうか。

窓の種類は大きく分けて、窓の底辺が床近くまである「掃き出し窓」、腰のあたりに窓台が来る「腰窓」、外壁面から外に張り出した「出窓」の3種類。窓の種類によって、カーテンの適切な丈サイズは異なります。

掃き出し窓に取り付けるカーテンの丈は、レールの輪から床までの高さよりも1~2cm短くします。腰窓は、レールの輪から窓枠下までの長さより15cmほど長くするのが一般的です。

出窓の場合は、レールが出窓の内側にあるか外側にあるかでカーテンの丈が変わります。出窓の内側にレールがある場合は、レールの輪から天板上までを測り、窓と同じ長さにしましょう。出窓の外側にレールがある場合は、腰窓と同様にするのが良いでしょう。

2.部屋のイメージを決めるカーテン選び

部屋のイメージを決めるカーテン選び

部屋の大きな面積を占めるカーテンは、色柄だけでなく素材やデザインが変わるだけでも部屋の雰囲気がガラリと変わります。

まず最初に、色の系統を決めておくと良いでしょう。壁紙や床の色と合わせると、カーテンが部屋に馴染んで広く感じます。壁紙や床の色とまったく違う色を選ぶと、空間が引き締まりインテリアのアクセントになりますよ。

家具に合わせてカーテンを選ぶというのも良い方法です。家具がシンプルなら大柄なカーテンを、家具がカラフルならシンプルなデザインのカーテンを合わせるとバランス良くまとまります。

派手な柄に挑戦したいときには、インテリアの一部に同じ柄を使ってみましょう。例えばクッションカバーとカーテンを同じ柄で揃えてみると、派手な柄のカーテンも違和感なく部屋のアクセントとして取り入れることができます。

3.大きな布を吊るしてカーテンアレンジ

大きな布を吊るしてカーテンアレンジ

大きな布が一枚あれば、カーテンとして活用できます。壁にかけたり、部屋と部屋の間を大きな布で仕切ったりするだけで、イメージは変えられます。

アジアンテイストの柄なら、手芸用品店や雑貨店で手に入るので手軽に始められます。布を準備したら、突っ張り棒やカーテンクリップ等を使って部屋に吊り下げてみましょう。自然と部屋に馴染むようなデザインにしたいなら、民族衣裳風の柄や、オレンジ・茶系の布がおすすめです。

北欧柄は特徴的な配色が目をひくデザインが多いので、一枚でもイメージを作りやすく、初めてのアレンジでも楽しめそう。季節やシーンでアレンジを変えてみるのも良いですね。

賃貸でも十分楽しめるカーテンアレンジ

カーテン選びは、まずは正確にサイズを測るところからはじめましょう。素材や質感、柄は直接お店に足を運んで確認するのがおすすめです。新しいインテリアのイメージを膨らませながら、カーテンのアレンジを楽しんでみてくださいね。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.