チョコレートの魅力たっぷり!バレンタインスイーツの作り方

2月14日はバレンタインデー。バレンタインデーは、家族や親しい人にも感謝を伝える日とも言われています。今回は、見た目もかわいくておいしいチョコレートのレシピと作り方のコツを紹介します。手作りのチョコレートスイーツで、日ごろの感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

1.生チョコのようにとろける「しっとりガトーショコラ」

生チョコのようにとろける「しっとりガトーショコラ」

濃厚なチョコレートの風味が楽しめるガトーショコラ。カップ入りのガトーショコラなら、ラッピングしやすくプレゼントにぴったりです。今回は、5つの材料で完成するガトーショコラを紹介します。

<材料>

・ミルクチョコレート 100g

・無塩バター 50g

・砂糖 20g

・卵 2個

・粉糖

<作り方>

1.ボウルにミルクチョコレートと無塩バターを入れ、湯せんで溶かす。

2.1に砂糖と溶いた卵を加え、混ぜる。

3.型に流し込み、170℃に予熱しておいたオーブンで25分ほど焼く。

4.表面が焼けていることを確認できたら、オーブンから取り出す。

5.冷めたら表面に粉糖を飾って完成。

小麦粉を使わないレシピなのでしっとりと軽く、生チョコのような食感が味わえます。重厚感のあるガトーショコラがお好みなら、しっかり冷蔵庫で冷やすのがおすすめ。その時、型のまま冷やすと、崩れる心配がありません。

見た目がシンプルなガトーショコラ。ダークカラーのラッピングペーパーに赤色のサテンリボンをあしらったラッピングを用意すれば、大人らしさを演出できそうです。

2.ほんのりラム酒が香る「大人トリュフ」はいかが

ほんのりラム酒が香る「大人トリュフ」はいかが

根強い人気を誇るトリュフチョコレート。材料をそろえれば、あとは溶かして丸めるだけで簡単にできあがります。

<材料>

・ミルクチョコレート 150g

・生クリーム 70cc

・ラム酒 小さじ1

・ココアパウダー 適量

・泡立て器

・クッキングシート(またはオーブンシート)

・バット

<作り方>

1.ミルクチョコレートを刻む。

2.生クリームを中火にかけ沸騰直前まで温める。その後刻んだチョコレートを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる。

3.2にラム酒を入れて混ぜ合わせ、常温に置いて冷ます。

4.少し固くなってきたら、一口大にスプーンですくってクッキングシートに落とし冷蔵庫で冷やす。

5.4が冷蔵庫で冷えたら、均一の見た目になるよう手で丸める。

6.丸めた5を、バットに入れたココアパウダーの中で転がしたら完成。

ほんのりラム酒が香るので、大人のバレンタインデーにぴったり。お酒好きな方へのプレゼントなら、ラム酒をウィスキーやブランデーに変えても喜ばれそう。フルーツ系のお酒でアレンジすると、ほんのり甘味がある大人トリュフが完成します。

3.ざくざく食感!「シリアルチョコバー」は女性に人気

ざくざく食感!「シリアルチョコバー」は女性に人気

見た目が華やかで食感が楽しいシリアルチョコバーは、女性に大人気。大量に作れるので、友チョコ用として用意するのもおすすめです。断面にはカラフルなドライフルーツとマシュマロが映えるので、見た目も可愛らしいです。

<材料>

・ミルクチョコレート 250g

・シリアル 60g

・マシュマロ 40g

・ドライフルーツ(お好みのもの) 適量

・カシューナッツ

・クッキングシート

・バット

<作り方>

1.ミルクチョコレートは粗く刻んでボウルに入れる。

2.湯を張った鍋に、1を入れ湯せんにかける。

3.溶けてきたら、ゴムベラでなめらかになるまで混ぜる。

4.湯せんからはずし、シリアル・マシュマロ・ドライフルーツを加える。

5.クッキングシートを敷いたバットに4を流し込み、表面にカシューナッツを飾る。

6.5を冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

7.固まったら、包丁で棒状にカットして完成。

きれいな断面になるようにカットするコツは、一度カットするごとに包丁を濡らしたキッチンペーパーで拭くこと。

シリアルバーは、溶かして混ぜて冷やすだけの簡単レシピなので、初めてのお菓子作りにもおすすめです。

意外と簡単!バレンタインスイーツは手作りに挑戦

今回紹介したチョコレートスイーツは、手軽に作れて失敗しにくいものばかり。今年のバレンタインは、本命用から友チョコまで手作りで用意してみてはいかがでしょうか。きっとあなたの気持ちが伝わるはずですよ。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.