今すぐできる!冬を乗り切る3つの乾燥対策

12月~2月は1年で最も乾燥するシーズンと言われています。外だけでなく、エアコンや床暖房が効いた室内も乾燥しています。空気の湿度が低くなると、風邪をひきやすくなったり、肌や髪がダメージをうけたりと良いことがありません。今回は、すぐに実践できる乾燥対策を3つ紹介します。

1.いつもより念入りにボディケアを

いつもより念入りにボディケアを

乾燥する季節に多いお肌のトラブル。カサつきやかゆみが出ないよう、ボディもたっぷりとスキンケアを行いお肌を守ることが大切です。

ボディケアのタイミングは入浴後すぐがおすすめ。お風呂から出たらすぐに、ボディークリームやオイルをからだ全体にすり込みます。肌の潤いは入浴後からどんどん奪われてしまうので、ここはスピード勝負。乾燥がひどい場合は、水分を拭き取る前にボディクリームやオイルを塗る方法もおすすめです。

入浴のタイミングで、お顔のお手入れも念入りに行うと効率的。顔全体にオイルをなじませてから湯船に浸かるだけで、保湿効果とリラックス効果が同時に得られます。さらに湯船からの蒸気で、オイルパックのような効果が期待できますよ。

乾燥しやすい手先やかかとは、クリームをたっぷり塗ったあとに手袋や靴下をして眠るのもおすすめ。これなら時間もかからず手軽にできそうですね。

2.喉の乾燥には水分補給とマスクを

喉の乾燥には水分補給とマスクを

冬になると乾燥して喉がイガイガした経験ありませんか。喉は乾燥することで、痛みや違和感を引き起こすだけでなく、ウイルスや細菌がつきやすくなるのです。これが冬に風邪をひきやすくなる原因のひとつ。

予防にはこまめな水分補給を心がけること、のど飴をなめる、マスクをすることが手軽で効果的でしょう。水分を補給するときは、冷たいものよりも常温の飲み物。またカフェインが入っていると利尿作用で水分が排出されやすくなるため、ノンカフェインを選びましょう。

また、はちみつや大根には殺菌作用や炎症を抑える効果があるので、このような食材を使ったドリンクも効果的です。

3.部屋が乾燥したら香りつきの加湿器で癒されて

部屋が乾燥したら香りつきの加湿器で癒されて

部屋の乾燥には加湿器で対応しましょう。最近はアロマ機能付きの加湿器も話題です。アロマオイルを使用することで、蒸気とともにいい香りが部屋中に広がって癒しの効果も得られます。

ジャスミンの香りは気持ちが落ち着き、ローズマリーは肌のむくみやたるみに効果があるとされています。ラベンダーは深いリラックス効果をもたらしてくれるので、寝室の加湿にぴったり。お好みの香りと効果に合わせて選びましょう。

その他、癒し効果のある観葉植物も加湿に一役かってくれます。植物は根から水分を吸収し、葉の気孔から酸素と共に水分を放出。部屋の湿度をあげてくれます。どんな植物でも効果は変わりません。この冬はお部屋にグリーンを置いてみるのも良いですね。

乾燥対策をしっかりして冬を過ごしやすく

乾燥していると健康へのトラブルも起こりやすくなります。手軽にできる対策を上手に取り入れて、乾燥する冬をしっかり乗り切ってください。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.