西内ひろさんが作る、うで編みモコモコマフラー How to arm knit a scarf

この冬注目のモコモコ素材。今年は見た目が可愛くて、機能的にも暖かいモコモコアウターやセーターが人気です。
今回は、誰でも簡単に短時間でできる「うで編み」で、マフラーやストール・ひざ掛けにも使えるモコモコ素材のビッグマフラーをつくりました。
ファッションモデル・タレント・女優として活躍する西内さんが選んだのは、どんな色にも合わせやすいグレーの毛糸。早速、つくり方を見ていきます。

【材料】
極太毛糸150g 4玉
※ボリュームを出すために2玉を同時に使います。

【DIYレシピ・うで編みモコモコマフラーの作り方】

1)今回は初心者でも簡単に編める「メリヤス編み」で、2玉を重ねてビッグマフラーをつくっていきます。まずは、1段目の作り目をします。2玉の毛糸を重ねて、編む幅の4倍ほど(今回は50cm)の長さの毛糸をとります。
編む幅の4倍ほど(今回は50cm)の長さの毛糸をとる

2)1)でとった部分から、手首より大きめの輪を作り、右手を輪の中に入れます。
手首より大きめの輪を作り、右手を輪の中に入れる上にある糸を掴んで輪の中にくぐらせて、
糸を掴んで輪の中にくぐらせその輪を右手首に通して引き締めます。
その輪を右手首に通して引き締める

3)2目めを作ります。糸玉側の糸を左手の人差し指に、親指に糸端側をかけて、
糸玉側の糸を左手の人差し指に、親指に糸端側をかける右手で左手の親指の手前にある糸を引きながら
左手の親指の手前にある糸を引きながら左手の人差し指にかかっている糸を掴み出します。
左手の人差し指にかかっている糸を掴み出す

左手の親指にかかっている糸を外して、掴み出した輪に左手の奥から右手を入れて、糸端側の糸を左手の親指にかけます。

4)今回は10目編んでいくので、2目めの編み方を、あと9回繰り返します。出来上がりを詰まった編み目にしたい場合は、1目ずつぎゅっと絞るように編んでいくと良いでしょう。

5)2段目を編みます。右腕にかかっている毛糸を、左腕に移すことで2段目が編めます。

毛糸側にある糸を右手で掴んで、右腕の一番手首側にある毛糸の中に通し、
その通した糸を左腕に通します。

これを10目編んでいくと2段目が終了です。右腕と左腕の間を広くとって編むと、出来上がりの編み目が広がってしまうので、右腕と左腕をなるべく近づけながら編むのがポイント。

6)必要な長さまで、3段目・4段目〜と編んでいきます。途中で毛糸を使い終わったら、次の毛糸を固結びでつなげて編んでいきます。ざっくりした質感の毛糸を使う場合は、結び目は気にならないので固結びで結んで大丈夫。

7)最後の糸の始末をします。

1段編める分の毛糸を残して、2目めまで編みます。
2目編んだうちの最初の目を掴んで、2目めに重ねるようにして下に落とします。これで、1目めが止まります。
もう1目編んで、最初の目を掴んで2目めを重ねるように下に落として2目めを止めます。これを10目まで繰り返して、最後に輪の中に糸端をくぐらせて完成です。

8)編み目を整え、端が丸まってくるのを防ぐため、編地の裏側からアイロンのスチームを当てて完成です。毛糸が余ったら、フリンジを付けても可愛いです。

これからの季節に使える、ビッグマフラーが出来上がりました。西内さんは、カジュアルな服装にさっと羽織って防寒として使ったり、ブローチを付けてストールにするそう。
見た目よりも簡単にできて、テレビを見ながらでも編めるので、次は毛糸と一緒にファーを編み込んだり、真っ白の毛糸で編んで冬用のベッドカバーにチャレンジしたいと話してくれました。

工夫次第で、いろんなバリエーションのニット小物がつくれる「うで編み」。
毛糸があればできるので、まずはメリヤス編みからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

うで編みマフラー完成

●西内ひろ
福岡県出身。テレビ、ドラマ、CM 等でタレント、モデルとして活動。 福岡でスカウトされ、芸能界入り。2009トリンプイメージガール等。2010年からトルコ、ラスベガス、 ポルトガル等、30カ国旅にでる。2014年ミス・ユニバース・ジャパン 準グランプリ、トライアスロンや東京マラソンを4時間台で完走し、30ヶ国訪れるなどしてグローバル感やヘルシーライフなどライフスタイルを発信している。書籍「準グランプリ」2014年6月25日発売、宝島社。

〜私と旅の関係性〜『旅を続けるのは、枠に囚われない可能性が世界には満ち溢れているから。それを見ているだけで人生は180度変わるし、不可能を可能に変えられる力を与えてくれるよう気がします。』

Model:西内ひろ instagram
Designer:石坂健(MARU代表)
Videographer : 田川翔一
Place:ROUTE FURNITURE(東京都台東区東上野4-14-3 ROUTE COMMON BLDG2F)
文:石川歩

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.