お部屋を秋仕様に変える3つのポイント

少しずつ涼しくなってくると、ファッションだけでなくお部屋もインテリアチェンジしたくなりますよね。そこで今回は、お部屋を秋仕様にチェンジするポイントを3つに絞ってご紹介!涼しげな夏から暖かみのある秋色にチェンジするだけで、ぐっと季節感が高まります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

リビングのラグを秋色カラーにチェンジ

秋らしいラグを敷いて秋仕様にチェンジ

涼しくなってくると暖かい色味が気になりますよね。ラグは、リビングを占める割合が比較的大きいファブリック。そのため1枚差し替えるだけで、部屋の印象をがらりとチェンジさせることができます。秋色カラーのラグを取り入れれば、足元がほっとする印象に早変わりです。

木や緑を取り入れたナチュラルな印象がお好みの方は、茶色のラグがおすすめ。もう少し部屋のトーンを上げたい場合は、オレンジや黄色などの暖かみのある色をチョイスしてみて下さい。「グレイッシュカラー」と呼ばれる灰色がかった色合いも秋によく使われますよ。

食卓には秋らしい木の実や草を飾ってみて

食卓には木の実や草を飾るのがおすすめ

「食欲の秋」だからこそ、食卓にもこだわりたいですね。毎日の食卓を秋仕様にするには、木の実や秋色の草を飾ってみるがおすすめ。まつぼっくりやどんぐり、赤みがかった落ち葉や赤い木の実をおしゃれなトレイに盛り付ければ、秋を存分に楽しむことができます。

ポイントは、茶色・オレンジ・赤・黄色のグラデーションを意識すること。特に明るい色はアクセントになるので、ワンポイントでおくだけでおとなっぽい印象になりますよ。

さらに雰囲気を出したければ、キャンドルを飾ってみるのも◎秋の夜長に、キャンドルだけで過ごしてみるのも季節感が出ておすすめです。

秋色を取り入れたもこもこクッションで冬を先取り!

クッションのカバーを秋らしい色にチェンジ

季節感の演出に色味のチョイスはとても大切ですが、質感にこだわってみるのもおすすめです。おすすめ素材は、ウール・スエード・ニット生地のカバー。いっきに暖かいお部屋になるはず。

また、ソファー色が黒・白・茶色などのベーシックカラーなら、クッションカバーの色で遊んでみてください。オレンジや赤、紫色の単色はもちろん、柄物カバーもアクセントになります。

おしゃれ上級者は、暖かい色味と涼しい色味のかけあわせも人気。秋しかできないおすすめの組み合わせです。ソファにおいてあるクッションカバーを変えるだけで、がらりと秋仕様になるので、ぜひ試してみてください。

色と質感にこだわった秋色カラーを楽しんでみて

家具の買い替えはなかなか気軽にできないものの、ちょっとした小物を取り入れたり色味に工夫するだけでお部屋の印象はがらりと変わります。ほっこりするようなお気に入りの秋色デザインを、ぜひ見つけてみてくださいね。

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.