時短でも華やかに!漬け込みレシピでパーティー料理に挑戦

秋冬はイベントが多くなる季節。ホームパーティーなどのおもてなしにオシャレな料理をたくさん準備したい!そんな時には漬け込みレシピが大活躍します。「漬け込むなんて時間がかかりそう…」と思う方も、コツを覚えてしまえば驚くほど手軽に漬け込み料理ができるんです!そこで今回は、パーティー向けの時短でできる漬け込みレシピをご紹介。食材と調味料の相性を楽しみながらオシャレな料理に挑戦してみてください。

1.メインの肉料理はジャーに漬け込むだけ

ジャーに漬け込むだけでローストビーフも作れる!

ホームパーティーの主役になるメイン料理といえばローストビーフ。オーブンで火加減を見ながら時間をかけて作るイメージですが、実は家庭にあるジャーに漬け込んでおくだけで十分美味しいローストビーフが出来上がります。準備するのは塩コショウ、にんにくやハーブなどお好きな調味料と密閉できるジッパー付きの袋。

まずはお肉の表面をフォークなどで何カ所か刺し、味が染み込みやすくします。調味料をお肉の表面にもみこんだら、次にフライパンで表面を焼きます。強火で焼きつけると美味しそうに仕上がります。あとはジッパー付きの袋に入れて空気を抜き、お水を入れ高めの温度で保温に設定したジャーに入れておくだけ!

量にもよりますが、1時間~2時間漬け込んでおくだけで美味しいローストビーフの完成です。同じ要領でビーフをポークやチキンに変えてローストポークやローストチキンもできますよ。簡単なので何種類か作るとテーブルの華やかさも増すかもしれません。

2.彩り豊かな副菜は野菜を漬け込んで

副菜は野菜を漬け込んでピクルスに

彩り豊かな野菜はテーブルをぱっと輝かせてくれます。そのため、野菜料理はぜひ一品用意したいものですよね。

そんなときにサラダ代わりのピクルスはいかがでしょうか。ピクルスというと何日も前から漬け込んで手間と時間がかかるものと思われがちですが、サラダ感覚のピクルスは時短で手軽に作ることができます。

準備するのはお好きな野菜とイタリアンドレッシングだけ。1cm角にカットした野菜をボールに入れたらイタリアンドレッシングをかけて、冷蔵庫の中で約4時間漬け込みます。シャキシャキとした食感が楽しめてサラダいらずですよ。

これなら前日から準備しておくこともできますし、物足りないときにさっと作ることもできます。パーティーだけでなく、ちょっとしたおつまみとしてもうってつけです。

3.フルーツの漬け込みでワンランクアップ

フルーツの漬け込み

フルーツの漬け込みレシピをマスターするとテーブルがワンランクアップすること間違いなしです。ここではフルーツを漬け込んでできるデザートとドリンクを紹介します。

まずはデザート。お鍋に水と砂糖を入れて中火で煮詰めます。砂糖が溶けたら火を止めて、レモン汁を加え冷蔵庫で冷やしておきます。あとはお好きなフルーツをカットして食べる直前までシロップに漬けておくだけ。いろいろなフルーツで試してみてはいかがでしょうか?

ドリンクはちょっと大人なフルーツブランデーに挑戦。作り方はお好きなフルーツをカットして、瓶の中にブランデーと一緒に一日漬け込んでおくだけ。手軽にオシャレな大人のドリンクを作ることができます。ソーダなどで割れば季節のフルーツカクテルとしても楽しめますので、いろんなアレンジを楽しんでください。

漬け込みレシピで華やかなテーブルを

漬け込みレシピとワインで乾杯

いかがですか?漬け込んでいる間は冷蔵庫やジャーの中においておくだけ。時短で手軽に作ることができるのが漬け込みレシピです。ぜひ、ご家族や友人と華やかなテーブルを囲んで楽しい時間をすごしてみてはいかがでしょうか。

 

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.