[グルーガン大活躍!]古タイヤがオシャレなインテリアに大変身!レシピ&撮影バックステージ

今回は初心者~中級者向けのDIYです。

古いタイヤをグルーガンでステキなインテリアに変身させました!
タイヤは家にある古くなったタイヤでも全然構いません。
中古のタイヤだと数千円程度で購入できますよ!
グルーガンは100均のものではなく、容量が多い業務用のグルーガンがオススメです

それでは撮影のバックステージも沿えて、レシピをお届けします。

撮影バックステージ

今回、ロープをひたするグルーガンで巻きつけるという、比較的単純な作業が続きます。とにかく巻きます。座って巻いたり、机にのせて巻いたり。アシスタントのケビン(右)の俊敏な動作に思わずまるちゃん(左)も笑っています。

使用した材料

使った材料にレシピです。

【材料】

  • 古タイヤ 1個
  • 天板 2枚
  • ロープ 100~110m(タイヤの大きさによる・今回は自然素材で摩擦に強い麻ロープを使用)
  • グルーガン
  • グルーガン用スティック状ボンド 40本程度(タイヤの大きさによる)
  • インパクトドライバー
  • ネジ
  • はさみ
  • 布(お好きな柄で)

【DIYレシピ・古タイヤでインテリアの作り方】

  1. タイヤの大きさに合わせた天板をタイヤに載せ、インパクトで6~8箇所、穴を開けます。
  2.  開けた穴にネジを止め、天板とタイヤをくっつけます。
  3. ひっくり返して、裏面にも1、2の作業を行います。
  4.  天板の中央にグルーガンでボンドを付け、ロープをくっ付けます。
    ボンドが熱くなっているので火傷に注意してください。
  5. ボンドを付けながら、ロープをぐるぐると螺旋状に巻いていきます。
  6. 天板を貼り終わったら、側面にも同じようにグルーガンでボンドを付けてロープを巻きつけていきます。
  7. 側面を全部隠すほどロープが巻けたら完成です!
  8. ひっくり返して、テーブルとしても、チェアとしても活用できます。
    今回はおまけで座布団も作ったので、テーブルとして使ってみました☆

古タイヤを使ったインテリア

Designer/Model:石坂健(MARU代表)
Cinematographer : Mathilda Hitomi Bormann
Place:中原工房

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.