[簡単DIY]レースで作るランプシェード・初心者にも簡単!レシピ&撮影バックステージ!

初心者でもカンタンにできちゃう、ランプシェードの作り方をご紹介します!

レースは100均で揃えることもできますが、少し値段はあがるけど雰囲気のあるレースを布屋さんで揃えるのもありです!レースの大きさも、小さいものと大きいものを混ぜて使うと、光の見え方が変わって面白いですよ。
電球も今流行のエジソンバルブを利用。隙間からちらっと見えるフィラメントがおしゃれです。

撮影のバックステージも沿えて、ランプシェードDIYレシピをお届けします。

最も大事な工程。風船膨らまし!
最も大事な工程。風船膨らまし!

今回、最も大事な小道具である風船を何度も膨らませられるのは、石坂健さんことまるちゃん。
彼はDIYも得意な空間デザイナーです。これからMagの動画にちょくちょく登場します!

使用した材料
使用した材料

【材料】

  • レース 大小10枚~20枚程度
  • ボンド(今回は木工用を使用)
  • 刷毛
  • 電球(エジソンバルブ)
  • 電球コード(引っ掛けシーリング付き)
  • 風船
  • ボンドを入れる受け皿(今回はコップを使用)
  • その他、風船を割る安全ピンや、安全に割れるようにセロハンテープなども用意しておくと便利です
撮影風景
撮影風景

動画を真上から俯瞰で撮るために、カメラマンのマチルダさんも180センチの脚立に登って撮影しています。結構危険です。
脚立にすっぽりまるちゃんが納まって、商品を1点ずつ並べていきます。場所がずれないように置くのが結構難しいのです。

【DIYレシピ・レースのランプシェードの作り方】

  1. 風船をお好みの大きさに膨らませます。
  2. ボンドにレースをたっぷり浸します。
  3. 膨らませた風船に、ボンドをつけたレースを貼っていきます。粘着が弱かったら刷毛でもボンドをつけていきましょう。
  4. 半日から1日程度乾かします。このとき、吊るして乾かすと形がきれいになります。
  5. 風船を割ります。セロハンテープを貼って、そこに針を刺すと静かに空気がぬけるようです。
  6. 風船にくっついてるレースを慎重にはがして、風船を取り出します。
  7. 最後に風船を取り出した穴からコードをつけた電球を入れます。電球がレースにくっつかないように注意してくださいね。
  8. お部屋に吊るして完成です!

今回、撮影場所としてご協力いただいたのは、川崎市にある中原工房さん。
DIY体験が誰でも気軽にできるように、広い工房にたくさんの機材、知識豊富なスタッフの方がサポートしてくれます!
詳しくはこちらから 中原工房

Designer/Model:石坂健(MARU代表)
Cinematographer : Mathilda Hitomi Bormann
Place:中原工房
Place:BROCANTE

LIFULL HOME'S DIY Mag編集部

DIY, self build and renovation, life style web magazine from LIFULL HOME'S.